俊野 司 俊野 司

俊野 司

スタッフインタビュー

俊野 司

汐留パートナーズ税理士法人 会計税務第1事業部
シニアスタッフ

「必要なことは安心感を感じてもらえること」

Q1 汐留パートナーズに入社したきっかけは何ですか

私が汐留パートナーズを知ったきっかけは、大原で開催された合同就職説明会でした。多くの会計事務所・税理士法人が来ており、その中のいくつかのブースを回っている際に声を掛けて頂きました。会計業界で働いた経験は無かったので、最初は地元の会計事務所で修業することも視野に入れており、合同説明会は業界を知るための場として活用しようと考えておりました。説明を聞いて抱いた印象は、私が働こうと思っていたものと全く異なる環境だということでした。汐留パートナーズグループは、税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人などのグループ会社で、お客様の要望を1つのグループで一手にお引き受けすることが出来、ハワイやシンガポールにも拠点がある国際的なグループ法人です。社員旅行や部活動の写真もとても楽しそうで、私の想像よりも楽しく様々な経験が出来そうという点に魅力を感じたことが入社のきっかけです。

Q2 現在どのようなお仕事をしていますか

toshino2

私は、会計税務第1事業部という部署で働いております。業務内容は会計データの記帳作業や申告業務などで、税理士補助業務を中心に幅広く行っております。まだまだ入社1年目で勉強することばかりの毎日ですが、諸先輩方に色々と教わりながら貴重な経験を積んでいる毎日です。現在は、ワンフロアのオフィスで働いており、他の部署の方と話す機会も多くとても良い学びの機会となっております。

Q3 汐留パートナーズで今後成し遂げたいことは何ですか

税理士業界で働く一員として、会計や税務の知識を提供することは必要なことです。しかし、お客様とお話しする際にそれ以上に必要なことは安心感を感じてもらえることだと実感しております。事業を行う上で全てが順風満帆なわけではございません。そんな時に専門的なお話はもちろん日々の悩みまで相談されるような人間に成長することが今の目標です。

一日のスケジュール

8:45 出社・朝礼
9時から仕事が出来るようにメールチェック、月曜日は9時から朝礼で挨拶があります
9:00 会計チェックと資料整理
午前中は入力済みの会計データをチェックします。違和感のある箇所や資料を確認する必要があるものを重点的に確認します。
また、お客様からお送り頂いた資料やデータを一度確認し、記帳作業の準備に充てる時間としています。
10:00 スケジュールの打ち合わせ
パートさんの1日のスケジュールの打ち合わせをします。グループでお願いする作業を集計し、1日の作業内容を話し合います。
13:00 昼食
いつも13時頃からお昼を取ります。最近は喫茶店でまったりしていることが多いですね。
14:00 届出書・申請書の作成、送信
税務上提出しなければいけない書類を作成して税務署などに送信します。提出期限のある届出書などは抜けが無いように提出をしていきます。
15:00 試算表の送付や質問事項の連絡
月ごとで入力している会計の試算表や入力にあたって確認しなければいけない項目をお客様にご連絡します。毎月の会計と違う点がある場合にはその場で解決するようにします。不明事項を残しておくと決算でまとめて解消することになるので、毎月のやり取りが重要となります。
16:00 税額計算
今月申告の会社の税額計算をします。会計の数字が確定したらお客様へ納付書をお送りするために先に計算だけすることもあります。
18:00 帰宅
繁忙期以外の日は翌日のスケジュールをざっくりと確認してなるべく早く帰るように心掛けます。