いよいよ電子書籍の時代へ

昨年の後半あたりから、低価格のタブレットなどの電子端末が数多く販売され始めていますね。amazonのキンドルも発売されるなど、いよいよこれからは電子書籍の時代になってくるのかな、と感じています。

個人的には「本」という体裁にこだわらなくてもよくなる分、今までは出版されなかったような面白いものが出てくるのではないかと期待しています。それにダウンロードして読むので、どんどん本が増えて家の中で置き場に困るっていうこともなくなりますよね。それに、一度電子化されるとデータとして残せるわけですから、絶版ということがなくなるんじゃないかと期待できます。

最近はどんどん電子書籍が出てきていますが、今のところはまだ作品や分野に偏りがあるみたいですね。これから作品が増えていくことに期待したいところです^^


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る