命の現場に立ち会える「助産師」という職業

本日は、助産師という職業についてご紹介いたします。

1.助産師の仕事とは

助産師の仕事というと、「出産の際に赤ちゃんを取り上げること」というイメージがあります。しかし助産師の仕事はそれだけではなく、妊婦の栄養指導や出産前後の健康管理、母乳の与え方や乳児に関することまで、母子が健全にいられる様に様々な指導を行うというものです。

助産師とは、妊娠中の女性の妊娠中から出産後までの総合的なケアを行うお仕事といえるでしょう。 代表的なのが、出産の時に立ち合い妊婦の出産の介助を行い、赤ちゃんを取り上げる仕事です。また、助産師ならば妊婦が正常分娩に限り、医師の立ち合いがなくても自分で赤ちゃんを取り上げる事が可能です。そのため、産婦人科の常勤となる人もいれば、独立して助産サービスを行う人もいます。

最近では少子化に伴い産婦人科が減少してきていますので、助産師が妊婦の健康管理をする機会が増えてきています。 妊娠中の食生活や運動など、健康状態の管理や不安定になりがちな妊婦の気持ちに寄り添い、相談を受けたりケアを行うのも助産師の仕事です。他にも、出産後の産婦の体調管理や乳児のお世話の指導を行ったり、母乳不足を感じたり乳腺炎になったり等の、母乳に関する指導やケアも行っています。

病院のスタッフとして働く他、自分で助産院を開業したり、自治体の助産師として育児相談や母親セミナーの講習指導など、色々な場で活躍しています。資格を取得しておくと、分娩だけではなく出産に関する様々なサービスに携わることができます。

2.助産師の資格を取得する方法

助産師の資格を取得するには、まずは看護師の資格を取得していることが必須となります。看護師の資格を取得した上で、定められた学科を学び、国家試験を受けることになります。つまり、助産師の資格試験に合格しても、看護師の資格がないと助産師にはなれません。

専門学校や短期大学、大学などの看護師過程がある学校で所定の単位を取得し、看護師国家試験に合格する事によって看護師免許を取得できます。もしくは准看護師養成所や看護科を卒業後に准看護師として働き、所定の実務経験を積んだ後専門学校や通信教育で単位を修得後看護師国家試験を受験し、合格することによって看護師の資格を取得できます。 次に、助産師の資格を取得するには次の方法があります。

(1)看護師の資格と助産師の資格を同時に取得する方法

最初から助産師になりたいと思ったら、助産師コースのある看護大学に入学して、看護師と助産師の国家試験を同時に受けるという方法があります。2つのコースを一度に学べますので、費用も安く期間も短いというメリットがあります。 但し助産師コースは非常に狭き門であり、看護大学に入学してから更に学内で選抜試験に合格しなければなりません。選抜試験に合格できるのは学年で5名~10名前後とあり、優秀でなければならないのです。

(2)まず看護師の資格を取得してから助産師の資格を取得する方法

多くの女性は先に看護師の資格を取得してあり、その後助産師を目指して勉強しています。看護大学や専門学校を終了してから国家試験に合格すれば、看護師の資格を取得できます。 その後文部大臣か厚生労働大臣の指定する助産師養成学校に入学するか、助産師育成過程のある看護大学に編入します。既に看護師の資格があれば、助産師育成過程は1年~2年で終了できます。その後助産師の国家資格を受験して合格します。

3.助産師の国家試験の難易度はどれくらい?

助産師国家試験の過去5年の合格率は、平成27年99.8%、平成26年99.9%、平成25年96.9%、平成24年98.1%、平成23年95%と高い合格率を誇っています。助産師課程を終了していれば、問題ないと考えて良いでしょう。

ただし、助産師の資格の場合、国家試験よりもまず助産師育成過程に進むことが難しいとされています。助産師養成学校は全国でも数が少ないのでそれだけ難関になります。また、看護大学の助産師育成コースに編入したくても募集人数が少なく、倍率が高くなっています。 助産師になるのは意外と難しく、昔の「お産婆さん」とは違って、実技だけではなく高い知識や能力も求められます。それだけに一度資格を取得すると、できる仕事の範囲が広がります。

4.資格を取得するメリット

看護師の中でも、赤ちゃんのケアを行ったり、出産に立ち会える感動の多い仕事である事から、憧れる女性も多い職業です。妊娠・出産後も助産師として復帰する女性も多く、子育てをしながらも働きやすい職業でもあります。 近年では、産婦人科での分娩介助の他にも、母乳に関するトラブルや相談ができる母乳外来、助産師に妊娠中から出産後までのケアや、分娩スタイル、乳児のお世話に関する悩みや相談ができる助産師外来も併設している所も増えました。

また、青少年への正しい性教育の啓蒙活動や、家族計画指導、不妊に関する相談や出産を終えて更年期を迎える女性の体や心のケアなど、今後も助産師に求められる役割が増えているため、活躍の場は広まる可能性が高いです。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
会計税務・人事労務サービスにつきましては、ご来社いただいてご面談をさせていただくこともお伺いすることも可能です。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの会計税務・人事労務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に会計税務や人事労務のサービスを開始いたします。