心臓病手術の名医と言われる人に共通する特徴

本日は、心臓病手術の名医と言われる人に共通する特徴について紹介します。

1.手術実績が多く予後も良い

心臓病の名医と呼ばれる外科医が全国に点在しています。

彼らに共通している点は、まず手術の実績件数が多いことがあげられます。もちろん、手術を行った症例件数だけでは技量を判断することはできません。

件数に加えて、患者の予後も重要視されます。術技が下手で、術後に合併症などが起きた場合は再手術となることが多いため、予後は重要となってきます。

手術が終わっても、患者の様態が安定しなければ、手術に問題があったかもしれないとみなされてしまう可能性があります。術後の再発率をいかにして低く抑えるかがキーポイントとなります。

名医は、手術自体は治療の前半で、治療の後半は術後に行うことをよく理解できているようです。

2.手技が速くて正確

軽い疾病と異なり、心臓の手術は一度心臓をストップさせて行う手術が多いため、ミスは許されません。ミスを少なくするには、解剖学に精通している必要があります。胸部を切開してから内部の状態を把握するのでは遅いといえます。

また解剖学を完璧に覚えていたとしても、臓器のサイズや血管の位置には微妙な個人差があるため、イメージ通りにはいかないことがほとんどです。血管や神経がどのような配置になっていたとしても、即座に対応できるように、手術の前に様々なシミュレーションをしておく必要があります。

仮に太い血管を切って出血が多くなったとしても、冷静に止血を行える精神的余裕も必要となります。有名な名医は術中に地震が来た時のシミュレーションまで行っていると聞いたことがあります。

手技も当然ながらスムーズでなければなりません。必要最小限の手の動きで鉗子や電気メスといった手術道具を取り扱う必要があります。縫合も素早く行って手術時間を短縮し、できるだけ患者の負担を減らすことが大切です。

名医と呼ばれる外科医は、同じ手術を行うときでも必ず改善する方法を考えています。毎回、同じ手順で同じように手術を行うのは進歩していない証拠だと考えるのです。

3.仕事に対して異常に厳しい

心臓病の名医は概して性格的に頑固で厳しい側面があります。一つのミスが命取りになるため、仕事に対しては完璧主義者でなければいけません。

そのため、他人から見ると非常に厳しい人のように見える時があります。術中はピリピリと雰囲気が最後まで続きます。そのため、名医と一緒に手術を行う執刀助手やモニタリングを担当する人は、大変な緊張を強いられることになります。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
会計税務・人事労務サービスにつきましては、ご来社いただいてご面談をさせていただくこともお伺いすることも可能です。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの会計税務・人事労務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に会計税務や人事労務のサービスを開始いたします。