ココヘッド・クレーターのレールウェイ・トレイル

本日は、ホノルルの近場で美しい自然と景色を満喫できるココヘッド・クレーターのレールウェイ・トレイルについてご紹介いたします。

1.ココヘッドとは

Koko-Head-Mountain

ココヘッドはオアフ島南東部で太平洋に面している、古い火山のひとつです。ホノルル近くのダイヤモンドヘッドの東にあり、ホノルル中心部からはカラニアナオレ・ハイウェイで、車を利用して20分あまりの場所です。まるで隕石の落ちたクレーターのように見える地形なので、ココヘッド・クレーターと呼ばれています。火山の周辺を含めた全域がココヘッド地域公園に指定されています。
ココヘッドは今から1万年前、オアフ島で噴火を繰り返していましたが、それ以降は活動を停止させ現在に至っています。南西側にピークをもつ偏った形状をしており、ぐるりと楕円状を描いて溶岩の岩肌の見られる頂上が連なります。クレーター内部は日本では通常は見られない、巨大なサボテンなどのある原生林です。南西部の最高地点の標高は368メートルあり、旧線路敷の登山道があって、ハワイでの初心者向けの登山には最適な山であるといえます。隣接してハナウマ湾と、ハナウマ・ベイ・ネイチャー・プリサーブパークや、ワワマル・ビーチパークが見られ、周辺一帯に自然の観光地が広がっています。

2.クレータートレイルの魅力とは

ココヘッド・クレーターの登山のポイントは、山の南西側にあります。駐車場のそばには、野球場やテニスコートがいくつもあるスポーツ地区があります。その奥で、山頂へと伸びているココヘッド・パークロードを伝っていくと、山頂へむかう鉄道レールの登山道と接続します。この線路は「ココクレーター・レールウェイ・トレイル」という名前です。かつてはココヘッド山頂の米軍の基地までトロッコ列車が設置されていました。現在は登山専用の道になっていますが、荒涼としたココヘッドの頂上まで、レールが完全にまっすぐ伸びていて、見るものを不思議な印象へと導きます。
まっすぐで道幅が同じなので登りやすい低山とはいっても、頂上に近づくと段々急勾配になっていくので、登山前には注意がいることでしょう。頂上が近づくに連れて、周辺の景色は海の中に浮かぶオアフ島を実感させるものとなります。山頂にたどり着くと、コオラウ山脈のふもとにある西側のハワイ・カイ地区の住宅地、ハナウマ湾の南側の丘陵と青い海、ダイヤモンドヘッドと遠くのホノルルの高層ビル群までも見渡すことができます。山頂までは、成人男性の足で1時間程度ですが、登山初心者の女性でもそれほど時間を要さないでしょう。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。