日本の会社がハワイでうまくいく可能性のあるビジネス

本日は、日本の会社がハワイでうまくいく可能性のあるビジネスについてご紹介いたします。

1.日本の会社がハワイに進出して上手くいく事業

日本の会社がハワイに進出をするという場合、「うまくいく可能性が高い事業は何ですか?注目される可能性が高い事業は何ですか?」とご質問を頂くことがあります。その際には「どの事業も決してやさしくないですよ」とお答えしています。実際にハワイでのビジネスの成功は非常に難しいのが実情です。
成功しているお店の裏には失敗しているお店も数知れず・・・。ですが、成功しているお店の中には「飲食店、雑貨店、そしてマッサージ店など」があります。店舗を構え、ハワイの方々向けに、商品や、サービスなどを提供する事業がうまくいく場合の、そのポイントについてふれてみたいと思います。

2.日本食ブームとなっているアメリカ

今、アメリカ本土、ハワイを始め、空前の日本食ブームとなっています。またさらにアメリカはヘルシー志向の方の割合が全体的に増加していることから、日本食を欲している消費者が増えています。
ハワイへ進出した「丸亀製麺」で有名な株式会社トリンドールは、丸亀製麺ワイキキ店が大成功をおさめ、その売り上げは、日本の一部の店舗よりも多く、海外進出をしているのはこのワイキキ店一店舗だけなのにもかかわらず、初めての海外進出は大成功を果たしています。
これは現地の日本人だけではなく、ヘルシー志向の外国人や、また日本食ブームで日本食を食べてみたいというアメリカ人などが集まるため、このように成功を収めたといえるでしょう。

3.日本を前面に出すことが重要

ハワイで成功するためには、日本文化を前面にだし、日本の良さをアピールするような、そんなサービスや商品を展開することが不可欠といえるでしょう。マッサージ店にしても、日本ならではのマッサージを取り入れた足裏マッサージや整体などのマッサージは、ハワイでも需要が見込まれるといえます。また、雑貨店も、日本のアニメや日本のキャラクターなどを取り入れた雑貨店が成功する可能性はあると思います。
しかし、ハワイで成功するために、大切なのが、まずはマーケットリサーチとなります。どういった属性の人々にどの程度ニーズがあるのか、ということを常に考えて、ビジネスの展開をすることが必要です。
たとえば、現地在住の方なのか、それとも観光客なのか、それともアメリカ人なのか、とどのような人を対象にするのかということをしっかりと考えることが必要です。またどのぐらいライバルがあり、どのぐらい近くに店があるのか、ということなども調べてみることが必要となります。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。