ハワイ料理について

ここ数年で日本にもハワイ料理が食べれるお店も増えてきたため、ハワイ料理に関心を持つ人も増えてきたのではないでしょうか。しかし、メジャーになっているハワイ料理はまだまだほんの一部であり、ハワイの伝統的な料理はまだまだたくさんあります。本日は、そんなハワイ料理についてご紹介いたします。

1.ハワイ料理の主食「ポイ」

まずは、ハワイ料理の主食となる存在のポイです。ポイとは、タロイモを蒸したものを潰して発酵させたものです。味としては、発酵前は甘さを感じますが、発酵後は酸味を感じます。もちろん個人差はありますが、日本人が主食として食べるには違和感を感じるかもしれません。

2.丼として食べても美味しい「ポキ」

ハワイでは日本と同じように生魚を食べる習慣があり、魚の切り身やトマト、玉ねぎ、ネギ、海藻などと醤油や塩、オリーブオイルなどを混ぜ込んで調理した料理です。使う材料に決まりはなく、使う魚を変えることで様々な味を楽しむことができる料理です。最近では、ご飯にのせて丼として食べることが増えて、日本人にも人気の高い料理です。

3.蒸し焼き料理「ラウラウ」

ラウラウとは、タロイモやティの葉で肉や魚を包んで蒸し焼きにする料理です。以前は、地面に掘ったイムという地中の窯に熱い石と一緒に入れて調理していましたが、現在はオーブンでの調理が一般的です。基本的には、塩のみでの味付けですが、タロイモやティの葉の風味がある為、良い香りを楽しむことができます。ライスやサラダとワンプレートにしてランチメニューとして楽しまれていることが多くなってきています。

4.日本でメジャーなハワイ料理「ロコモコ」

Loco-Moco

ロコモコとは、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせて、グレイビーソースをかける料理で、日本の丼に似た料理です。日本でもかなりメジャーになったハワイ料理である為、食べたことがある人も多いと思います。最近では、ハンバーグ以外にも照り焼きチキンやシイラなどの白身魚といったハンバーグ以外の食材を使うロコモコがあったり、材料に合わせたソースをアレンジするといったロコモコも増えてきています。

5.おやつにも最適「マラサダ」

マラサダも近年日本にも浸透してきた料理で、揚げパンのようなお菓子です。作り方も揚げパンとほぼ同じで、イースト菌で発酵させたパン生地を油で揚げて、グラニュー糖をまぶして完成です。すっかりハワイ料理として浸透していますが、元を辿れば実はポルトガルからきた料理とも言われています。
これらのように、ハワイの伝統料理はたくさんあります。日本人の口に合うもの合わないもの様々ありますが、日本に広まる可能性がある料理はまだまだたくさんありそうです。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。