なぜ「モヤモヤさまぁ~ず」はハワイロケが多いのか?

テレビ東京の人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」では毎年ハワイロケが行われています。普通の旅番組では紹介されないようなハワイのモヤモヤしたスポットを紹介しつつ、毎年行われるハワイロケは、通算で10回も行われています。本日は、なぜ「モヤモヤさまぁ~ず2」ではここまでハワイロケが多いのかをご紹介いたします。

1.ハワイが好きなさまぁ~ずの二人

「モヤモヤさまぁ~ず2」のハワイロケの多さには、そもそもレギュラーであるさまぁ~ずのお二人のハワイ好きが関係しています。彼らはオフになるとロケ以外でもたびたびハワイを訪れるほどハワイが好きなようです。
ハワイ以外でもビーチや南国が好きで「世界さまぁ~リゾート」という世界のビーチやリゾート地を紹介する番組のMCも務めています。またロケ、プライベート問わず頻繁にハワイに行っているため、季節問わず年中日焼けしていることもあります。
「さまぁ~ず」というコンビ名はウッチャンナンチャンの内村光良さんによって名付けられましたが、その由来はお二人が夏が好きだからというものでした。夏が好きで日焼けとビーチが好きでハワイが好きな二人、それが「さまぁ~ず」なのです。

2.ハワイロケが多く行われる日本のバラエティ番組

日本のバラエティ番組ではよくハワイロケが行われています。正月特番やスペシャル番組などもハワイで行われることが多くあります。日本の番組クルーもそのたびに何度もハワイに行っているため、人脈や勝手が分かっているというのもハワイロケが頻繁に行われる大きな理由のひとつだといえます。
しかしそれだけではありません。「モヤモヤさまぁ~ず2」に関して言えば、ハワイロケはもはやなくてはならない存在です。ハワイだからといって、何か特別なことをやるでもなく、いつもと同じように街をぶらぶらして気になった場所に入っていく。有名な場所ではなく、何気ないところを歩いていくことで毎年違うハワイの一面を見ることができます。

3.モヤさまにとって、ハワイはもはや実家のようなもの

Izumo-Taisha-Shrine

ハワイ出雲大社の神主さん(通称、ヌシカンさん)に会いに行き、ノースショアソープファクトリーの家族にお土産を渡して最後にコーヒーを飲む。この一連の恒例行事には、実家に帰省した際の親戚への挨拶回りのような安心感があります。ハワイに住む彼らの元気そうな顔を見ることが、さまぁ~すだけでなく視聴者の楽しみでもあるのです。
モヤモヤさまぁ~ずは今年で10年目を迎えました。これからもモヤモヤスポットを歩き回り、ハワイロケを重ね、人々と交流していく姿をずっとテレビの前で観続けていきたい、そんな番組です。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。