ハワイに進出している日本のホテル企業の紹介

ハワイには日本の企業が経営するホテルがいくつかあります。日系の資本のホテルはハワイのどこにありどんな特徴を持っているでしょうか。

1.ハワイと国際興業

hotel-resorts

ハワイにはたくさんのホテルが建っていますが、とりわけオアフ島のワイキキには数多くのホテルが立ち並んでいます。そんなオアフ島にも日本のホテルもいくつかあります。最も有名な会社はやはり日本の「国際興業」ではないでしょうか。
国際興業は主にバス事業やを行っている企業ですが、「ロイヤル・ハワイアン」「モアナサー・フライダー」「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」の3つのホテルを1963年に買収しています。そして1974年に「シェラトン・ワイキキ」も買収しています。
特にモアナサーフライダーは大変歴史があり、ワイキキを代表するお城のようなレトロホテルで、ロイヤルハワイアンはハワイ王朝のお城の跡地に建っているホテルです。実際の運営はシェラトンなどのホテル運営会社が行っています。
国際興業は一時期経営危機に陥り、サーベラスというアメリカの投資ファンドに買収されましたが、再びオーナー一族の経営になり、ハワイのホテルのオーナーも国際興業に戻りました。

2.プリンスホテル

プリンスホテルは東京都豊島区に本社を置くホテルグループです。戦後の1956年に創業をはじめ、現在では国内にザ・プリンス、プリンスホテルなど、ビジネスと観光のホテルを40店以上も経営しています。海外にもアメリカとアジアに7店を数えますが、そのうちハワイに開業しているのは3店です。
「ハワイプリンスホテル・ワイキキ」が開業したのは1990年のことです。このホテルはワイキキのアラモアナ・ブルーバード通りに面し、眼前には無数のボートが停泊している、アラワイヨットハーバーと太平洋が広がるという、最高のロケーションに位置しています。部屋からの眺めが良く、周辺はアラモアナ・ショッピングセンターが至近距離にあるなど、ホノルルでの観光やショッピングが充実します。ゴルフ場も隣接していますので、ゆったりリゾート気分を味わえます。
このほかハワイ島北部のリゾート地であるコハラコーストに、1994年開業の「ハプナビーチ・プリンスホテル」を経営しています。このホテルのすぐ北側に、1965年開業で1990年から買収している、「マウナケアビーチホテル」を運営しています。
ハワイ島はハワイ諸島最大の島で、大自然がたくさんあります。オアフ島に比べると田舎ですが、ゆったりと過ごせるのが特徴で、2つのホテルにもゴルフ場やプライベートビーチなどがあります。またハワイ島は星がきれいに見えることで有名で、星を観測するツアーなども開催されています。食事なども日本人の好みに合ったレストランがたくさんありますので、子供連れなどにも安心です。

3.ニューオータニ・カイマナビーチホテル

次が、ニューオータニが経営している「ニューオータニカイマナビーチホテル」です。オアフ島のホノルル南東部ではダイヤモンドヘッドが有名な観光地ですが、ダイヤモンドヘッドに隣接して日系ホテルのニューオータニがあります。
ニューオータニが日本で創業したのは1963年のことであり、国内に19の直営・グループ系ホテル、海外に2つのホテルを運営しています。そのうちの1つがニューオータニ・カイマナビーチホテルで、1976年からこの場所で営業を始めました。カイマナビーチはホノルルに近く、ワイキキ水族館やホノルル動物園があるなど観光地に恵まれ、都会の喧騒から離れて落ち着いた場所という魅力をもっています。
2棟の建物に122室があり、和の雰囲気がある客室に、日本食レストラン、フィットネスセンターも備えています。このほかにもオークラニッコウホテルズもハワイでホテルを経営しています。

4.ハレクラニ

「ハレクラニ」はホノルルのワイキキビーチに面している高級ホテルです。1883年にロバート・ルワーズがビーチハウスを建て、地元の漁師からハレクラニ(天国にふさわしい場所)と呼ばれ始めたのが、現在のホテル名になっています。
1981年に米国三井不動産がハレクラニを買収し、ハレクラニコーポレーションを設立したため、現在のハレクラニは三井不動産が所有するものです。日本の帝国ホテルと提携を結んでいるなど、日本との関連が強いホテルです。Forbesトラベルガイドでハワイでは唯一の5つ星を獲得していて、拡張の高さは折り紙つきです。

5.まとめ

このように日本の企業が経営しているホテルは、ハワイにたくさんありますが、バブル期にはワイキキにあるホテルのうちやく90%が日本企業がオーナーという時代もありました。ハワイは日本人観光客がとても多いので、日本人向けのホテルがたくさんあるのはうれしいですね。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。