ハワイでホテル事業をしている日本の会社「ニューオータニ」の紹介

ハワイで事業をしている日本の会社は数多くあります。しかし、中でも観光業が盛んなハワイでは、日本の企業が経営しているホテルがたくさんあります。バブル期などには、ワイキキに存在しているホテルのうちの、約90%以上が日本企業のオーナーという時代もありました。
このため、事業をしている日本の会社で、特にホテル事業を行っている会社は非常に多いといえるでしょう。本日は、ハワイでホテル事業をしている日本の会社についてご紹介いたします。

1.ニューオータニ・カイマナビーチホテル

Hotel-New-Otani

日本の会社で、ハワイで事業をしていることで有名なのがニューオータニです。ホテルで有名なニューオータニは、株式会社ニューオータニとして、東京都に本社があるホテル事業を行っている日本の企業です。1963年1月18日に創業され、資本金は、34億6200万円、現在では、グループホテルが国内14ホテル、そして海外2ホテルを運営しています。
もともとは、1964年に、政府の要請により、開業したのがきっかけのホテルニューオータニですが、日本初の超高層ビル建築など、常に新しい事業にチャレンジしている会社です。
こちらのニューオータニが経営している、「ニューオータニカイマナビーチホテル」は、オアフ島のホノルルの南東部にある、ダイヤモンドヘッドに隣接しているホテルです。こちらのホテルは日系のホテルです。

2.ニューオータニのハワイでの歴史

日本の会社のニューオータニが、日本において、創業したのは1963年となっています。現在では、国内では14の直営のグループ系ホテルがあり、さらには、海外には2つのホテルを運営しているという会社です。
海外に進出しているホテルのそのうちの1つが、ハワイの「ニューオータニ・カイマナビーチホテル」です。こちらのホテルはハワイのホノルルにおいても、歴史があるホテルで、創業は、1976年となり、当時からこの場所で営業を開始しています。
また、こちらのホテルのロケーションはとても良く、ホノルルに近く、近くにはホノルル動物園があり、観光スポットに恵まれており、また都会の喧騒から離れている落ち着いた雰囲気もあるのも特徴です。

3.ニューオータニホテルの特徴とは?

ニューオータニホテルの特徴として、2棟の建物には、122室もの部屋があり、和の雰囲気がある客室が備えられているのが特徴です。また、日本食のレストランがあり、日本人の方にも利用しやすい日系ホテルとなります。
さらに、フィットネスセンターなども備えられているのも特徴です。また、同じグループで、オークラニッコウホテルズも、ハワイにおいてホテルを経営しています。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。