IRSのForm W-2(源泉徴収表)について

本日はアメリカの「Form W-2」についてご紹介です。

1.Form W-2とは?

Form W-2とは、従業員に対して課税期間の1年間に600$以上の報酬(現物支給含む)を支払った場合に、雇用主が従業員のために提出する書類です。Form W-2は日本語でいう「源泉徴収票」にあたります。課税期間中に従業員に支払われた給与、源泉徴収された所得税、社会保障税、医療保険税、その他福利厚生などが記載されています。
なおForm W-3は、源泉徴収集計票といい、日本でいうところの「法定調書合計表」のようなものでしょうか。各源泉徴収票(Form W-2)に記載されている金額の合計額を表示した集計用紙です。なお、年間250枚以上のForm W-2を発行する雇用主は、電子申告による源泉徴収票の発行が義務付けられておりますが、この場合自動的に社会保障庁に送られるため、別途Form W-3は報告しなくてもよいとされています。
Form W-2:Form W-2
Form W-3: Form W-3
Form W-2とW-3の書き方:Instructions for Forms W-2 and W-3
 (Forms W-2AS, W-2CM, W-2GU, W-2VI, W-3SS, W-2c, and W-3cを含む)

2.Form W-2はいつ誰がどのように発行するのか?

Form W-2は、日本と同じようにハワイ法人が発行します。時期は課税期間の翌年の1月末日までで、この際後述するCopy B, C と 2 を従業員に交付します。また、ハワイ法人はCopy A を2月28日までに社会保障庁に送付する必要があります。

発行されたForm W-2については、従業員側でも住所や氏名、社会保険番号(SSN)に間違いがないかについて慎重に確認することが重要です。

Form W-2はもともとは6枚綴りとなっています。Copy Aはハワイ法人が社会保障庁(Social Security Administration)への報告用に用いています。Copy Bは個人が申告書に添付してIRSに提出するため、個人へ配布されます。Copy Cについては自身の控えとなり保存されることとなります。Copy Dはハワイ法人の控えとなり保存されることとなります。Copy 1はハワイ法人が州や市へ提出し、Copy 2は個人の州や市の個人所得税申告などに使います。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。