ハワイ法人の銀行口座の開設方法

ハワイでの法人口座開設手続き・流れについてお知りになりたい日本人の経営者様や経理担当者様のために、私たちの体験談を含め一歩踏み込んだ情報をお届けいたします。
私ども汐留パートナーズグループもハワイにShiodome Partners (USA) Inc.という現地法人がございますので、弊社ハワイ法人がハワイの銀行に法人口座を開設した流れについてご紹介させていただければと思います。
最近はハワイ法人の銀行口座開設も厳しくなってきていると聞きます。それでもアメリカ本土よりは比較的緩いとは感じております。日本での銀行口座開設も同じですが、実際にはケースバイケースです。ご参考になればと思います。

1.ハワイのどの銀行がいいのか?

ハワイにはJPモルガン・チェース、シティ・バンク、バンク・オブ・アメリカなどの全米規模の大手銀行の支店はありませんので、基本的には以下の3つのハワイのローカル銀行で口座開設を行うことになります。当初は私もこれらの銀行口座を開設したいと思っていましたが、米国の法律により規制があるために、アメリカ本土の銀行はハワイには進出できないようです。
さて、まずは、これらの銀行の中から1つを選択することになります。もちろん、複数の銀行口座を開設することもできますが、インターネットバンキング等の使い方を覚えたり、最低維持金額を銀行口座ごとキープしておくことはなかなか大変ですので、1つ選択することをお勧めいたします。
①Bank of Hawaii(バンク・オブ・ハワイ)
②First Hawaiian Bank(ファースト・ハワイアン・バンク)
③Central Pacific Bank(セントラル・パシフィック・バンク)

①Bank of Hawaii(バンク・オブ・ハワイ)

・日本語対応可能支店:ワイキキ支店 Waikiki Branch
・ポイント:アポをとるのはおすすめ。なしでも日本語で応対が可能な従業員がいますが混むことがあります。
・Statement mailing to JP address 1$
・電話ライン(一般)001+1+808+694-6935)
・住所:Bank of Hawaii International Banking Center、International Banking Division,2155 Kalakaua Ave, Suite 318, Honolulu, HI 96815
・営業時間:ハワイ時間 月~金月~金, 8:30am – 4:00pm

②First Hawaiian Bank(ファースト・ハワイアン・バンク)

・日本語対応可能支店:ワイキキ支店 Waikiki Branch
・日本語対応:支店に行く時に、日本語対応希望と書く場所があり、順番で日本語ができる銀行員が読んでくれるそうです。アポはいらないそうです。
・日本語の電子メールアドレス: japaninfo@fhb.com
・日本語ライン001+1+ (808) 525-8977
・ハワイ時間 月~金 8:30AM-4:30PM、当行の休業日を除く)
・住所:2181 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815, United States

③Central Pacific Bank(セントラル・パシフィック・バンク)

・日本語対応可能支店:ワイキキ支店 Waikiki Branch
・ポイント:ワイキキ支店には複数の日本人スタッフ、順番性のほうが早い
・電話日本語ライン1-808-544-5625  電話可能時間月~金曜: 7:30AM~6:00PMハワイ時間
・営業時間 月曜日-木曜日: 8:30AM-4:00PM、金曜日: 8:30AM-6:00PM、土曜日: 9:00AM-12:30PM
・住所 333 Seaside Ave. Honolulu, HI 96815(ワイキキトレードセンター隣り)
これらの銀行は日本語のサービスが非常に充実しておりますので英語があまり得意ではない方も安心です。私たちはBank of Hawaii(バンク・オブ・ハワイ)に口座開設することに致しました。Bank of Hawaiiに決めた理由として決定的な理由はありませんが、しいてあげるとすると、
・ニューヨーク証券取引所(NYSE)にも上場している
・2010年、2011年には米国フォーブスマガジンで2年連続、米国で最も優れた銀行に選ばれている
・支店の数が一番多い(約70支店)
というところになりますが、どちらの銀行でも問題のないサービスを受けられると思います。

2.ハワイの銀行で法人口座を開設する際提出が求められるもの

続いてハワイの銀行で法人口座を開設する際提出が求められるものなどをご紹介します。この時点ではハワイの法人設立は完了していなければなりませんが、法人が設立されただけでは、提出が求められる書類が揃っていない場合があります。従いまして、ハワイ法人設立のあと、銀行口座開設のために必要な書類を取得するまで十分な時間を確保しておく必要があります。一般的には必要な書類をそろえるまでに1ヶ月から1ヶ月半ほど必要です。
さて、まず法人の銀行口座を開設する際には、原則として、取締役や株主の出席が求められます。したがいまして、取締役や株主の方々はハワイ法人を設立する時にはハワイへは渡航しなくても大丈夫ですが、銀行口座を開設する際にはハワイに渡航しなければなりません。より具体的には、銀行ごとにルールがあると思いますので事前に確認が必要です。

C-corporation(通常の法人)の提出資料一覧

1.Articles of Incorporation and any amendments(定款)
2.Bylaws and any amendments (付属定款)
3.Meeting Minutes(議事録)
4.Corporate Seal, if applicable(会社印鑑、もしあれば)
5.Trade Name Registration with the DCCA(貿易名登録、必要ない場合もある)
6.EIN NUMBER(EIN番号)
7.Certificate of Good Standing (issued by the DCCA) (設立証明書)
8.Tax Number(日本居住者の場合はITIN番号、必要ない場合もある)
9.Mailing Address and Physical Address(住所)
なお、私たちは、上記の書類のうち、1,2,3,6,7,9を提出することにより法人口座を開設しております。

3.銀行での面接から口座へのお金を預け入れるまでの流れ

銀行に到着しますと、もしアポイントがあればその担当者の所へ伺います。もしアポイントがなければ受付で「法人口座の開設に来たのですが」と伝えて順番を待ちます。
しばらくして、銀行員に小部屋へ通されます。日本語でご対応いただけます。質問の内容としては、「ハワイでどのようなビジネスを考えているのか?」「売上はどのくらい見込んでいるのか?」「今後経費はどのくらいかかるのか?」「人を採用する予定はあるのか?」などの簡単な質問に答えていきます。時間としてはトータルで1時間くらいで手続きは完了します。
開設する講座の種類としては、当座預金口座(チェッキング・アカウント,Checking account)を開設するのが一般的です。日本ではあまりなじみがないですが、米国では小切手(Check)を利用することが非常に多いためです。
バンク・オブ・ハワイの料金表には、例えば以下のようなことが書いてあります。面接の時にも簡単にご説明いただけます。
(例)SAVINGS ACCOUNTS(当座預金)
 ・Minimum opening deposit(口座開設時最低入金金額) 100.00 USD
 ・Balance requirement options to avoid monthly service fee
  (口座維持費がかからない最低残高)
   (1)Minimum daily balance(最低の日々の残高) 1,000.00 USD 
    または
   (2)Average daily balance(平均の日々の残高) 2,500.00 USD 
 ・Monthly service fee if balance requirement is not met
  (維持金額が不足した場合の月次の口座維持費用) 8.00 USD/月
なお、その後、必要に応じてデビットカードの申し込みを行います。デビットカードはハワイ法人の口座から直接経費を支出させられるので、とても便利なビジネスツールです。デビットカードについては、また別の機会にご紹介したいと思います。
最後に窓口でMinimum deposit(最低金額, 100USD)を預け入れます。口座の種類によって預け入れる金額は異なります。これで銀行の窓口での手続きは完了です。銀行口座の開設完了は約1~2週間、デビットカードは約2~3週間、小切手(Check)も同じくらいの期間です。この日数はMailing addressを日本に設定した場合なので、ハワイ州内であればもう少し短い期間で完了します。

4.インターネットバンキングの設定の流れ

インターネットバンキングについても同じく開設時に申し込み手続きをしました。アメリカは銀行の送金が非常に厳しく、なんとインターネットバンキングで送金ができないのです。これは初めて知った時には驚きました。実際にはstatementを確認したりするために利用しているという感じです。インターネットバンキング自体の利用料は無料です。
ハワイで銀行口座を開設する際には事前にお問い合わせされると良いかと思います。この時の以来私たちはバンク・オブ・ハワイの担当の方々と仲良くさせていただいております。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。