ハワイとは

大地の鼓動を間近に感じられる場所・・・ハワイ。さわやかな風、美しい景色、なんともいえない香り、ゆっくりと流れる時間など、たくさんの魅力があるハワイは、ご存知のとおり世界中の人々を魅了してやまない特別なロケーションです。私達汐留パートナーズのメンバーもハワイが大好きです。

ハワイ州は人口136万人(2010年4月 US.CENSUS、全米第42位)、1959年にアメリカ合衆国の州に昇格しました。もともとは農業主体の産業構造でしたが、観光や小売業を始めとするサービス産業、あるいは、アメリカ本土やアジアとの時間差を生かせる通信・IT産業へとビジネスが非常に多様化してきています。創業支援にも熱心な州であり、25,000以上あるハワイ法人のうち、50%以上はなんと従業員が5人未満の小企業とのことです。

ITインフラの劇的な発展により、いろいろな業種の日本人がハワイで仕事をする時代が来たようです。

ハワイ進出のメリット

(1)ハワイは日本人がビジネスを始める環境が整っている

日本人がハワイに進出する時のメリットとしては、まず、日本人にとってハワイでのビジネス環境が抜群に整っているでことがあげられます。例えば、ビジネスを始める際に必要となるのが銀行口座ですが、アメリカ本土では現在口座を開設するのが簡単ではありません。ところが、ハワイでは銀行によってSSN(社会保障番号、Social Security number)やビザ(在留資格)がなくても口座を開設することが可能となっていますので、日本人が事業を始めやすい環境にあるといえます。

また、ハワイは日本語と英語が堪能なバイリンガルな人材が豊富です。通常日本国内でバイリンガルのスタッフを雇用することはとても大変ですが、ハワイには日本語と英語が堪能な人材がたくさんいることもハワイ進出のメリットであるといえます。

そして、1年中気候の変動もないことや、日本食が充実していること、日本からもアメリカ本土ほどは遠くないこと、アメリカの北米の都市と比較してハワイはアジア人の割合がとても高いことなども日本人がハワイでビジネスを行う上での重要なポイントになります。日本人にとってハワイはとても住みやすい、ロングスティも可能な魅力的な場所です。

(2)ハワイはアメリカ合衆国の1つの州

ハワイは当然のことながらハワイ州としてアメリカ合衆国の一部でもあります。ハワイの通貨や基本的な税制・法律はもちろんアメリカ本土と同じですので、アメリカ進出を考えている日本人・日本企業にとって、ハワイを最初の拠点として選択することにはメリットがあるといえます。

また、日本人が海外ビジネスを行う上で、これから立ち上げるビジネスがアメリカ人にどのように受け入れられるかをテストすることもできます。このように、将来的にアメリカに進出したい場合に、まずはアメリカの一部であるハワイを拠点としてビジネスを行うことも1つの方法であるといえます、ハワイでのビジネスがうまくいけば、アメリカ本土に対してもアプローチがしやすくなることでしょう。

(3)ハワイは1年中観光客が訪れる

日本企業がハワイに進出する時のメリットの1つとして、ハワイには1年中観光客がたくさん訪れるという点があげられます。毎日3,000~5,000人の観光客がハワイを訪れているといわれます。ハワイ州の人口は約140万人、首都は有名なホノルルです。ハワイは日本からの観光客が多いですが、アメリカ本土、そして世界中からの観光客も多く、日本の商品・サービスの良さを知ってもらうきっかけ作りとなる抜群のロケーションであるといえます。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。