香港の地下鉄MTRについて

香港の移動手段のなかでもとても人気なのが、地下鉄MTR(Mass Transit Railway)になります。地下鉄MTRは、他の移動手段のなかでも渋滞などがなく、涼しい空間で気軽に利用できるということで人気を集めています。空港で買うことができるオクトパスカードを購入しておくと非常に地下鉄MTRを利用する際に便利なのでおすすめです。ちょうど日本のスイカやパスモのように利用することができます。本日は地下鉄MTRについてご紹介します。

1.香港の地下鉄の構成

hongkong-subway

香港には現在9つのラインがあり、ビクトリアピークで有名な香港島や、香港ディズニーランドがあるランタオ島とも海底トンネルで繋がっています。空港から中心地であるセントラル、陸続きになっている中国本土との国境までなど広い範囲をMTRで移動することができます。

また、香港内にとどまらず、現在香港と隣接している中国広東省からの直通ライン(Gangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Way)が建設中です。こちらは2016年10月時点で2018年完成予定となっていますが、以前からかなり完成が遅れております。

2.駅のみつけ方

地下鉄MTRの駅はとてもわかりやすいロゴマークがつけられています。ですので、町を歩いていてもすぐに見つけることができます。

ちょうど東京メトロのような感じでわかりやすくなっています。とくに駅の近くには、駅が近くにあることを示す標識が立てられています。こういったものを目印にしていくのもいいでしょう。

3.チケットの購入について

オクトパスカードを購入しない場合には、チケットを券売機で購入することになります。日本の券売機で切符を購入するような感じです。とくにわかりやすくタッチパネルになっています。ですので、とくに日本語になっていなくてもわかりやすいです。

12歳から64歳までの人は成人の表示をタッチするようにしましょう。特恵というのは、3歳から11歳までの人と、65歳以上の人が対象になります。これだけ覚えておけば大丈夫です。学割も利用することができます。ただし、学割はオクトパスカードのみのサービスとなっていますから、学割を利用して購入したいという方は、オクトパスカードにする必要があります。

値段は3.5HKDから55HKDと、距離に比例して変動します。香港のチケットは紙ではなくプラスチック製のコインになっており、改札にコインをタッチして入ります。改札を出るときはコインを入れるところがありますので、そこにコインを入れると出られます。

4.オクトパスカード

octopus-card

オクトパスカードは、ICカードで、SuicaやICOCAのようにタッチのみで改札を通ることができます。オクトパスカードは一度購入すればずっと使用できるので、とくに何度も香港に行く予定がある人は購入しておくのがおすすめです。運賃もこのカードを利用したほうが安くなるので、より経済的に地下鉄MTRを利用することが可能です。

さらに、このオクトパスカードは地下鉄MTRに利用できるだけではなくて、コンビニなどの会計にも使うことができます。小銭などがよくわからないという人にも便利です。払い戻しも可能なので、香港滞在期間が終わったら、残りのお金を保証金とともに返金してもらうことができます。なので、残金が発生してしまうような場合でも、もったいないということはありません。

オクトパスカードは、テーマパークのチケットがセットになったようなものも販売されています。こういったセットのものにすると、かなりお得な料金で買うことが可能になります。ですので、香港でテーマパークなどを利用する予定があるというような方の場合には、こういったチケットでセットで購入するのがおすすめです。

5.MTRの車内

車内は日本の電車よりやや広いです。電車にのると、香港には様々な人種の人がいることを改めて実感します。中国では電車やバスでは子どもを優先させて座らせる文化があります。香港は中国本土から来る人もたくさんいますので、小さな子どもがいれば席をゆずる方も多いです。

長距離の電車になるとファーストクラスカーという車両があります。こちらは一般車両とはちがって特急列車のような座席になっており、乗車には追加料金が必要です。ファーストクラスカーに乗車するには、オクトパスカードを駅のホームにある機械にタッチする必要があります。乗車中、スタッフがオクトパスカードのチェックに来ますので、カードを提示します。また、電波の環境も整っており、MTRは地下を走っていますが携帯電話の電波は通じます。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。