海外取引と移転価格税制の問題

グローバル化の進展とともに、海外取引を行う企業が急増しています。そのような中、税金対策で無視できないのが移転価格税制の問題です。移転価格税制の対策をしないまま海外取引を行ってしまいますと、思わぬ巨額の追徴課税が後から課せられる危険性があります。

移転価格税制とは?

移転価格税制の基本的な考え方は、国外関連者との取引において、適切な価格設定が行われているかどうかという点にあります。この価格設定に偏りがあり、その取引から得られた利益について、日本側の取り分が不当に少ないと課税当局が認定した場合には、不足する利益分の追徴課税が行われることがあります。この場合、外国に多く納め過ぎたことになる税金は還付してもらえる建前になっていますが、実際に課税当局同士の交渉がまとまるには時間がかかり、多くの場合は二重課税になってしまっているのが実情です。

移転価格税制の対策

したがいまして移転価格税制による追徴課税のリスクを避けるためには、国外関連者との取引の価格設定が、第三者から見て客観的にバランスの取れた価格(「独立企業間価格」(arm’s length price))に設定しておくことが極めて重要です。しかしながら、何をもって適切な価格とするのかは非常に難しく、多くの場合、専門家による判断が必要になります。

移転価格税制専門事務所との連携関係

汐留パートナーズ税理士法人では、海外取引を行うクライアントのこのようなお悩みにお応えするため、この度、移転価格税制について実績豊富な「GMT移転価格税理士事務所」と提携関係を結ぶことになりました。「移転価格税制」に関するご相談につきましては、「GMT移転価格税理士事務所」と汐留パートナーズ税理士法人が提携し、お客様に安心して海外取引に臨んで頂けるよう、万全のサービスを提供させて頂きます。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。