事案例:フリーソフトを改良して商品化したら?

Q.当社は主にソフトウェア開発を行っているIT企業です。現在、フリーソフトウェアを改良してより使いやすい仕様にして自社利用しています。この自社利用ソフトを商品化して販売していくことは可能しょうか?

A.著作権法で保護されているかがポイントとなります。

 

創作性~著作物か否か~

copyright-law

著作権法は、プログラムは著作物となり得ることを明記しています(著作権法10条1項9号他)。そして、プログラムが著作物として保護されるためには創作的表現といえることが必要とされています(同法2条1項1号)。

これについて、東京地裁判決平成15年1月31日は、「プログラムは、具体的記述において、作成者の個性が表現されていれば,著作物として著作権法上の保護を受ける」とする一方で、「プログラムの具体的記述が、誰が作成してもほぼ同一になるような記述、簡単な内容をごく短い表記法によって記述したもの又はごくありふれたものである場合」には、「作成者の個性が発揮されていないものとして、創作性がない」としました。

これをふまえると、上記判断基準から元のソフトウェアに創作性がないのであれば、そもそも著作権として保護されませんので、貴社の改良ソフトウェアの商品化も可能ということになります。もっとも、上記の基準を満たすかどうかの判断は画一的に行うことはできず難しい問題です。

したがって、一般に流通しているフリーソフトウェアは、創作性を有し、著作物として保護されると考えた方が無難です。特に、フリーソフトウェアの多くは、製作者が権利を保持したまま、修正や再配布を利用者に認めているにすぎません。そこで、著作権については市販のソフトウェアと同様に考える必要があります。

複製権・翻案権侵害となるか

貴社の改良ブログラムが、元のプログラムと実質的に同一だということができれば「複製」に該当し、実質的に同一とはいえない程度の改変を加えていたとしても、元のプログラムとの類似性が相当程度残されており、元のプログラムの本質的特徴を直接理解できるような場合には「翻案」に該当し、それぞれ複製権、翻案権の侵害(著作権侵害)になります。

ご質問の場合

改良の内容が元のプログラムのバージョンアップのようなものであれば、創作的特徴部分を直接理解できるといえ、元のプログラム著作権者の翻案権に抵触します。この場合には、元のプログラム著作権者から使用許諾を得るか、著作権の譲渡を受けてからでなければ改良プログラムの商品化はできません。

他方、貴社のプログラムが、元のプログラムのアイディアを利用しただけで具体的記述に独自の個性が認められ、新たな著作物を創作したといえるような場合であれば、元のプログラムの著作権に抵触しませんので、改良プログラムの商品化をすることが可能です。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
コンサルティングサービスにつきましては、ご来社いただいてご面談をさせていただくこともお伺いすることも可能です。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの会計税務・人事労務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速にコンサルティングサービスを開始いたします。