都銀・地銀・信用金庫・公庫の違い

1.都銀

mufg-bank

 都銀は全国の主要都市に支店をもつ、大規模な普通銀行を言います。具体的にはメガバンクと言われている三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行がそれにあたります。
個人利用者にとっては、全国に支店を有し、スケールメリットを活かしていますので、利用者の利便性がとてもよい金融機関です。住宅ローンのようなパッケージ商品はその資本体力を活かし、低利で融資を受けられる場合が多いです。
法人利用者にとっても利便性では個人と同様です。しかし、融資を受けたい会社経営者にとっては、比較的大規模な経営をしており、財務内容がよく、高額な融資を調達したい場合には有効です。中小企業を相手にしないわけではありませんが、単純に財務内容で評価される場合も多いので一般的に融資ハードルは高くなります。都銀は大企業から中堅企業がメインターゲット層です。
創業融資を検討の方は、都銀で融資を受けることは難易度が高いので、創業規模によっては見送った方が無難と思われます。特にIT企業の場合は審査のハードルが高くなりがちな傾向にあります。

2.地銀

 地方銀行は地銀と言われ、各都道府県内に重点を置いた支店展開をしています。
個人利用者にとっては、地方での生活の中で、都銀のATMよりその地域の地銀のATMの方がよく見かける方も多いかと思います。その地域の地方居住者にとっては都銀より利便性が高い場合が多いです。そのため、その地域の個人預金残高が多い傾向にあります。
法人利用者にとって地銀は、都銀より頻繁に企業に訪問してもらえ、その企業の情報収集をし、実態把握をしながら融資(リレーションシップバンキング)をしてもらえます。地銀では、事業性融資と言って、企業の将来性(事業性)に着目した融資にも取り組んでいます。地域経済への発展の貢献を建前としていることもあり、地域の優良主要企業と取引している場合が多いです。しかし、最近では業界の資金需要の低迷、貸出利率の悪化を背景に、地域で預金を吸収し、都市部の大企業へ低利で融資をする地銀も多く見られます。中堅企業から中小企業をメインターゲットとしています。
創業融資を検討の方は、自己資金をしっかり準備できることや、規模的な面で事業の妥当性が勘案できる場合に有効です。

3.信用金庫

shinkin-bank

 信用金庫の立ち回りは地銀とほぼ同様ですが、地銀は銀行法を根拠法令としているのに対し、信用金庫は信用金庫法を根拠法令にしています。また、銀行は株式会社ですが、信用金庫は協同組織であることも大きな違いです。そのため、地方銀行でも、株式会社である銀行は場所の制限なく出店・廃店することが可能です。収益性が高い場所へ出店したり、採算が合わなければ支店を撤退させたりすることも可能です。株式会社であり、営利目的で運営しているからです。
信用金庫は協同組織のため建前上、営利団体ではありません。定款で営業エリアの制限を受けておりますので、自由な出店戦略はできません。もし、営業エリアを変更する場合は役会の承認を受けなければならず、通常は中々できません。そのため、地方銀行よりも、より地域貢献を強く意識した活動がメインとなります。営業エリアの制約を受けることからわかるように、地域の発展が信用金庫の収益力向上であり、地域の衰退が信用金庫の収益減少となるからです。企業のメインターゲット層は中小企業から個人事業主です。
創業融資を検討の方は、民間金融機関の中では積極的に利用された方がよいと考えられますが、上記の通り、営業エリアが限られますので、そのエリアをよく確認することが重要です。

4.公庫

 日本政策金融公庫は公庫と言われる政府系金融機関です。主に、民間金融機関を補完する役割を担っております。また、公庫は株式会社日本政策金融公庫法に基づいて運営されており、中小企業者や個人事業主の金融の円滑化を主たる目的としております。融資事業を主体としており、個人が利用するような一般的な銀行等にみられる、預金・決済機能はありません。そのため、公庫自身の資金調達は政府から賄っております。そのことから、自社で資金調達をしませんので、他の民間金融機関より信用力が低くても融資の審査が可決しやすい印象があります。一方で、政府系金融機関ですので、民間金融機関のような多少の柔軟さに欠ける印象もあります。上記の通り、中小企業や個人事業主の方がメインターゲットです。
初めて起業される際の融資利用先の第一候補と考えられ、創業融資を検討の方は、積極的に活用される場面が多くなっております。

5.まとめ

 今回は都銀・地銀・信用金庫・公庫の違いの基礎知識について説明いたしました。昨今では、市場の貸出金利の低下や、経済の不透明さによる資金需要の低迷を背景に、各金融機関の垣根が変化してきております。各金融機関の競争は激化し、金融サービスも多様になっていることから、必ずしもそれぞれのすみ分けを厳密にしているわけではありません。しかし、上記からわかるように、各組織に分かれているのは、基本的に個々に担う役割が違うからです。この金融機関の役割を認識することが融資を受けるにあたって重要です。自社がどのステージにいるかを認識し、各金融機関へ融資打診することで、融資実行の可能性が変わってきます。

 

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
コンサルティングサービスにつきましては、ご来社いただいてご面談をさせていただくこともお伺いすることも可能です。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの会計税務・人事労務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速にコンサルティングサービスを開始いたします。