経理部長とCFOの違い

はじめに

CFO-role

昨今、CEO、CFOといった言葉が日本でも浸透し、上場企業を中心に社内の役職として使用する企業も増えてきています。一方で、多くの中小企業にとってはやや縁遠い存在に感じられる名称でもあるかと思います。CEO(最高経営責任者)は日本企業において社長とほぼ同義で扱われていることから、どういった存在であるかを認識しやすい一方、CFOについては、以前より経理部長という似通った役職が一般的であることから、どういった役割を担っているかイメージしづらく、経理部長と何が違うのかという疑問を持っている方も多いかと思われます。今回は、経理部長とCFOの比較を行いつつ、CFOの役割について見ていこうと思います。

1.経理部長とCFOの比較

日本企業において、経理部長とCFOを比較すると下表のようになります。

 

経理部長 CFO
地位 従業員
経理部の責任者
経営陣
経理を含む財務の総責任者
職責 正しい数値・書類の作成 企業価値最大化
財務諸表 作成・社内報告 利用・分析
対外説明 ほぼ行わない 責任者として行う
視点 会計期間内の取引 資本政策策定
資金調達等

 

2.経理部長とCFOの違い

accounting-manager

上記の通り、経理部長とCFOには様々な違いがありますが、その大きな要因としては地位の違いがあります。
経理部長は経理部の責任者たる従業員として、日々企業が行う経済活動を財務諸表という形に取りまとめます。CFOは作成された財務諸表を受けて社長又はCEOを初めとする他の経営陣に対しての財務面からの助言、資本政策の策定、資金調達を行います。また、経理部長はその責任において経理部が作成した財務諸表を社内、特に経営陣に向けて説明する義務を追い、一方のCFOは、経営陣の一人として株主をはじめとする自社のステークホルダーへの財務に関する報告が重要な責務となっています。

両者の違いは、その視点にも現れます。一会計期間内にあった取引を漏れなく記録し、正確に財務諸表に反映する経理部門の長である経理部長の視点は自ずと過去、即ち自社の会計期間毎の経済活動に向きます。予算・資金を司るCFOの視点は、経営陣が計画した企業の施策を実現すべく、どこからどのように資金を集め、いつ何に用いるかという、中長期的な計画も含んだ未来の経済活動に向きます。

3.CFOという概念が日本で広まった理由

CFOという言葉は、1920年代のアメリカが発祥の言葉とされています。日本で広まりを見せたのは直近十数年のことで、それまではほとんどの日本企業にとって馴染みのない言葉でした。

日本で広まりを見せなかった理由は、
・メインバンクに任せるのみで十分だった
・社長や経理部長などがCFOの役割を分散して担っていた
など様々な要因が考えられますが、その背景には、財務マネジメントの必要性に対する認知度の低さが共通して挙げられるでしょう。特に日本では、1980年代まで、複数の要因から好景気が続き、個々の企業が専門の立ち位置を設けてまで財務を効率化せずとも会社が回る時期が続いていました。

そんな日本で「CFO」という言葉が広まり、重要性が認知されたのは、社会の変化が大きな要因であると考えられます。昨今、グローバル化によって海外企業や外資系企業が競合となったり、資金調達手法が多様化したりと、企業を取り巻く社会が複雑に変化したことで、財務の効率化や現実的なプランニング、マネジメントの重要性が認知されるに至ったのではないかと考えられます。

但し、特に中小企業では、CFOが必ずしも専任である必要はありません。経理部長を兼ねるCFO、CFOの役割も担う経理部長など、その在り方は個々の企業の事情に合わせることが第一です。IPOを目指す等の理由から必要に迫られている場合を除き、無理をしてまで専任のCFOを置く必要はありません。

重要なのは、CFOが担うべき職責と重要性を正しく認識し、それを兼務で行うことに無理が生じたタイミングで、CFOを立てることを検討できるようにすることです。

おわりに

今回は、経理部長とCFOの違いからCFOの必要性について見てきました。上記の通り、CFOはその名称を問わず企業にとって重要な役割を担い、且つどのような企業にとっても必要になりうるポジションであると言えます。報酬面等の理由から内製化にハードルを感じる場合には、公認会計士等の専門家に社外CFOを委託することも可能です。特に起業段階からIPOを念頭に置くベンチャー企業などでは、起業当初は社外CFOを置くことで財務面の効率化・体制構築を図り、後々内製化するというのも一つの手です。

社外CFOについてご検討の場合には、是非お気軽に汐留パートナーズにご連絡下さい。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
コンサルティングサービスにつきましては、ご来社いただいてご面談をさせていただくこともお伺いすることも可能です。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの会計税務・人事労務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速にコンサルティングサービスを開始いたします。