日本で成功している外資系の飲食店について

こちらのページでは、日本で成功している外資系の飲食店についてご紹介いたします。次の3社は店舗数や売上高を見ても突出しています。

1.マクドナルド

マクドナルドは、アメリカ合衆国のイリノイ州オークブルックに本社を置いているファーストフードの飲食店です。マクドナルドは第二次大戦前の1940年にマクドナルド兄弟によって設立されました。2017年時点では全世界に3万7000店以上を構え、従業員は2014年時点で42万人です。

日本に進出したのは1971年のことで、第一号店は銀座三越に開店しました。2020年時点での日本マクドナルドの店舗数は2905店舗となっております。ドライブスルーで購入ができることを特徴としており、ドナルドをはじめとした怪しげな印象のマスコットキャラクターが人気です。

主力商品はビッグマックなどのハンバーガー、フライドポテトやマックシェイクなどです。2016年には日本でいち早くポケモンGOのポケストップ店舗となって話題になっています。

2.KFCコーポレーション

KFC

ケンタッキーフライドチキンのKFCは、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルに本社を置くファーストフードの飲食店です。1952年に設立され、2015年時点で全世界に1万9420店舗を数えます。

日本にはマクドナルドにさきがけて1970年に進出を果たしました。愛知県名古屋市西区のダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンター内に1号店を開店しました。2020年時点では、日本国内に1132店舗を数えます。アメリカのケンタッキーフライドチキンの看板にはカーネル・サンダースの似顔絵が描かれ、日本ケンタッキーフライドチキンは創業者のカーネル・サンダースの人形が店舗前に置かれるなどの特徴があります。

商品はフライドチキンを主力とし、フライドポテトなどの揚げ物やチキンのハンバーガーなどをそろえています。

3.スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒーは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を置いているコーヒーチェーン店です。1971年にシアトルで設立されて以降、アメリカを中心として拡大を続け、2015年には全世界の店舗数が2万2088店舗まで増えました。

日本では1996年、東京の銀座に1号店がオープンしていますが、この店舗は北米以外では最初の店舗でもありました。2020年時点での日本国内の出店数は1553店舗となっています。

エスプレッソ・コーヒーのラテや、紅茶、抹茶などのホット、アイスの各種ドリンクが用意されています。また、マフィン、ドーナツ、デニッシュなどの焼き菓子を提供しています。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。