日本での古物商の許認可について

こちらのページでは、日本のビジネスにおける古物商の許認可についてご紹介いたします。

1.古物商の許認可とは

古物商許可申請は、主たる営業所を管轄する都道府県の警察署にて行います。古物商許可は法律に則って基本的な規定があるのですが、細かい点でそれぞれの警察署ごとのローカルルールがあると言われています。したがって、まずはメインの営業所を管轄する警察署に行き事前相談を行ってから、その後で古物商許可を取得について手続きを進めるという流れになります。また、個人申請と法人申請の違いがあります。

2.個人申請の場合

個人申請の場合は、個人事業主としての営業です。したがって、警察署はその人個人に対して古物商許可を出します。そのため、その個人が亡くなると古物商許可はなくなります。子供等がお店を継いでいる場合でも、あらためてその方が古物商許可を取る必要があります。

3.法人申請の場合

法人申請の場合は、会社としての許可なので会社がなくならない限り続きます。ただし、許可申請をする時には、添付書類として役員全員の略歴書、誓約書、住民票、本籍地発行の身分証明書が必要になります。監査役も含めて全員の提出が必要であることに注意する必要があります。

また、会社の登記簿謄本も添付する必要もありますし定款の写しも必要です。そして、会社の目的欄には、古物営業を行うことが読み取れる記載も必要となります。さらに、警察署によっては、自社ビル以外の営業所の賃貸契約書のコピーも必要となる場合があります。

尚、管理者という名のいわば責任者となる人も申請時に住民票など添付書類を提出しますが、管理者はその営業所ごと、お店ごとに決めないといけません。他の店舗と兼任することができないという点にも注意しなければなりません。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。