税務申告書提出・社会保険等手続の年間スケジュール

corporate法人の税務申告書の提出・納付期限と社会保険・労働保険等の手続きの期限は、会社の事業年度により決まるものと、事業年度に関係なく決まるものがあり、下記の通りとなります。
これらは、外資系企業の日本法人、外国法人、外国法人の日本支店のすべてに該当します。

  1. 事業年度により期限が決まるもの

    ① 法人税、法人地方税、地方税、消費税・地方消費税原則、事業年度末より2月以内。 ただし、事業年度末より2月以内に決算を確定できない事由がある場合 (例:定款で定時株主総会が事業年度末より3月以内に開催する旨が定められている、外国法人の本店の決算が事業年度末より6ヶ月以内に確定するなど)、一定の届出書を提出することにより、申告期限を延長することできます。
    ※消費税については、2021年3月31日以後に終了する事業年度から適用があります。
    ※申告期限を延長している場合でも、納付期限は延長されません。

    ② 事業所税
    原則、事業年度末より2月以内
    ※上記①と異なり、申告期限の延長の制度はありません。

  2. 事業年度に関係なく期限が決まるもの

    ① 償却資産税申告
    1月31日が申告期限です。
    納付期限は東京都の場合、下記となります。

    • 第1期:6月末日
    • 第2期:9月末日
    • 第3期:12月末日
    • 第4期:翌年2月末日

    ② 法定調書合計表
    1月31日が申告期限です。

    ③ 給与支払報告書
    多くの市区町村は、1月31日が提出期限です。

    ④ 労働保険の年度更新
    申告・納付共に7月10日が期限となります。
    概算保険料が40万円以上の場合、下記の納付期限で分割納付をすることができます。

    • 7月10日
    • 10月31日
    • 1月31日

    ⑤ 社会保険料等の算定基礎届
    7月10日が提出期限です。

    ⑥ 年末調整
    原則、12月の最後の給与を支給するまでに行う必要があります。

  3. スケジュール一覧(税務申告書・社会保険等手続)

    外資系企業に多い12月末決算の法人の場合、下記の表の月末が期限となります。(月末が土日もしくは日本の祝日の場合、祝日明けの最初の平日が期限となります。)

    1月
    償却資産税 申告期限 (1/31)
    法定調書合計表 申告期限 (1/31)
    給与支払報告書の提出期限 (1/31)
    労働保険料の納付期限 前年分第3期 (1/31)*3
    2月
    法人税・地方税の申告・納付期限 (2/28)
    (申告期限の延長の届出を提出していない場合)
    消費税の申告・納付期限 (2/28)
    (申告期限の延長の届出を提出 していない場合)
    事業所税の申告・納付期限 (2/28)
    償却資産税 納付期限 前年第4期 (2/28)
    3月
    法人税・地方税の申告期限 (3/31)
    (申告期限の延長の届出を提出して1月延長している場合)
    消費税の申告期限 (3/31)
    (申告期限の延長の届出を提出して1月延長している場合)
    6月
    償却資産税 納付期限 全納又は第1期 (6/30)
    7月
    労働保険料の申告・納付期限 全納又は第1期 (7/10)
    社会保険料等の算定基礎届 提出期限 (7/10)
    8月
    法人税・地方税の中間納付期限 (8/31)*1
    消費税の中間納付期限 (8/31)*2
    9月
    償却資産税 納付期限 第2期 (9/30)
    10月
    労働保険料の納付期限 第2期 (10/31)*3
    12月
    年末調整 (12月の最後の給与支給)
    償却資産税 納付期限 第3期 (12/31)

    *1: 前期の法人税の年税額が20万円を超える場合、その約半額を納付する必要があります。
    *2: 前期の確定消費税額(国税分)が48万円を超える場合、前期の税額を基に計算した消費税額を納付する必要があります。中間納付の回数・税額は前期の税額により下記の通り変わります。なお、上記の表は下記の①の場合の納付期限になります。

    前期の確定消費税額(国税分) 回数 一回当たりの税額
    ① 48万円超400万円以下 年1回 前期の確定消費税額の6/12
    ② 400万円超4,800万円以下 年3回 前期の確定消費税額の3/12
    ③ 4,800万円超 年11回 前期の確定消費税額の1/12

    *3: 分割納付の場合

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。