汐留パートナーズの新しい書籍「外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A」(日本法令)が発売されました。汐留パートナーズの日本進出コンサルティングのナレッジとノウハウを総結集した書籍となっております。会社設立、会計税務、人事労務、法務、ビザ等についてかなり詳細な実務上の手続きも含まれています。 ...

1.外国会社の日本拠点設立方法の基本 (1)外国会社とは? 外国会社とは、会社法2条2号で「外国の法令に準拠して設立された法人その他の外国の団体であって、会社と同種のものまたは会社に類似するもの」と定義されています。日本は全ての外国会社を認めていますが、国内で活動をするにあたっては内国法人と同様...

本日は、日本進出企業を的確にサポートする対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)についてご紹介します。 1.対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)とは? JETROが運営するIBSCとは、海外企業が日本に進出する際に、不明な点や外国人だけではうまくできない諸々の手続き、さらには様々...

今回は、法人の保険契約についてご紹介させて頂きます。 法人が保険に加入すると、万が一の事故やトラブルに対応できるだけではなく、他にも様々なメリットが期待できます。以下、法人保険のメリット及び注意点を解説します。 1.法人保険のメリット (1)利益の圧縮 法人保険の中には、支払った保険料の全部又...

今回は、節税についてご説明いたします。 1.そもそも節税とは何か? 法人税や所得税などは、決算等により会計上の利益額を確定して、当該利益額が確定した後に税務上の調整を行うことにより税額算定の為の課税所得を算出します。その課税所得に税率を掛けて税額を計算することにより納税額を確定します。節税とは、こ...

今回は、各種税金の納付のタイミングについてご説明致します。 1.法人税・法人住民税・法人事業税 法人税・法人住民税・法人事業税は、決算日から2ヶ月以内に確定申告書を提出し、納付しなければなりません。また確定申告とは別に、前期の税額が 20 万円超なら、中間申告・納付も必要になります。中間申告は、...

今回は外資系の経理の方々からもよくご質問をいただきます「交際費」についてご紹介したいと思います。 1.交際費とは? 日本のビジネス慣習では取引先と食事に行くなど接待をすることは珍しいものではありません。その食事代は企業の事業活動のための費用です。それは会計税務上では交際費と呼ばれています。 期...

今回は、日本のビジネスにおいて頻繁に登場します「印紙税」についてご説明致します。 1.印紙税とは? 印紙税とは、日常の経済取引に伴って作成する、契約書や領収書などの文書に課される税金です。その印紙税が課される文書のことを課税文書といいます。例えば、お店で領収証が発行された時に、収入印紙が貼付され...

本日は外資系企業の日本法人や日本支店でも気にかけておくべき「源泉所得税の納期の特例」についてご紹介いたします。 1.納期の特例について 今年も早くも7月になりました。7 月になると経理担当にとっては、忘れてはならない一つの行事があります。それは源泉所得税の納付です。通常は、源泉徴収した所得税は、...

今回は、「租税条約」についての内容やメリット、手続きについてご紹介致します。外資系企業の日本法人や外国法人の日本支店においては、租税条約の活用は重要な税務戦略になると思われます。 1.租税条約とは 租税条約とは、二重課税の調整や脱税及び租税・回避への対応等を通じて、二国間の健全な投資経済交流の促...