汐留パートナーズの新しい書籍「外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A」(日本法令)が発売されました。汐留パートナーズの日本進出コンサルティングのナレッジとノウハウを総結集した書籍となっております。会社設立、会計税務、人事労務、法務、ビザ等についてかなり詳細な実務上の手続きも含まれています。 ...

キルギス共和国は人口およそ600万人、中央アジアの高原地帯に位置する、日本の半分ほどの面積の内陸国です。同国は旧ソ連を構成する共和国の一つでしたが、ソ連崩壊に伴い1991年に独立しました。 本日は、日本に進出しているキルギス企業とその製品をいくつかを紹介します。 1.Кыргызский с...

バングラディッシュはインドの東側に位置し、北海道と東北を合わせたくらいの面積におよそ1億6千万人が住んでいます。 1971年にパキスタンから分離する形で独立して以来、「貧困」というイメージで語られることが多かった同国ですが、ここ10年ほどは常に5%以上の経済成長を続け、「2021年までに中所得...

ナイジェリアはアフリカ中西部に位置し、人口1億8千万(2015年)は世界7位、GDPは南アフリカ共和国やエジプトを上回ってアフリカで1位(2015年)となっています。 本日は、日本に進出しているナイジェリアの企業とその製品をいくつか紹介します。 1.Nigerian Breweries(ナイ...

本日は、ネパール人の日本進出事情についてご紹介いたします。 1.ネパール人事情 最近では中国人だけでなくミャンマー・ベトナム・ネパール人とたくさんの東南アジア諸国の留学生が日本へ来日しています。その事情は本来アメリカなどを希望していた若者が金銭的な事情や倍率の関係でやむを得ず第二希望の日本へ来る...

ブータンは人口およそ80万、インドと中国の間に位置する、九州ほどの大きさの山岳国です。経済規模もまだ小さいのですが、日本とは良好な関係を保っており、2011年の来日時に被災地を回った国王夫妻の真摯な姿は今なお記憶に新しいところです。 本日は、ブータンから日本に進出している企業とその製品をいくつかご...

モルドバ共和国は人口およそ350万人、ウクライナとルーマニアの間に位置する、九州ほどの大きさの内陸国です。同国は旧ソ連を構成していた15共和国の一つでしたが、1991年、ソ連崩壊とともに独立国となりました。同国はソ連という枠組みを外れて資源・エネルギーの確保が困難になり、工業地帯が「沿ドニエストル共...

ラオスは人口およそ700万、インドシナ半島の内陸国です。アジア最後の秘境といわれた同国ですが、ここ10年ほどは常に7~8%台の経済成長率を保ち、貧困率も改善しつつあります。 本日は、ラオスから日本に進出している企業とその製品をいくつかご紹介いたします。 1.ラオスのフラッグキャリア、「Lao A...

本日は、日本に進出しているアフリカの航空会社についてご紹介いたします。 1.アフリカ航空 アフリカ航空は、南アフリカ共和国を代表する航空会社で、ヨハネスブルグのO・Rタンボ国際空港が本拠地です。国際機関のベストエアライン賞などを受賞してきました。アフリカ最大でアフリカで最も歴史のある航空会社で、...

本日は、日本と関わりの深いミャンマーの企業をご紹介いたします。 1 .キャピタル ダイヤモンド スターグループ まず1つ目として「キャピタル ダイヤモンド スターグループ」をご紹介します。1960年代初頭、同社はお茶の販売会社として事業をスタートしました。 1980年代になると小麦を中心と...