訪日外国人旅行者の受入れが可能な医療機関は?

日本では訪日外国人旅行者を受入可能な医療機関を設けています。外国人の背景を理解し、最善を尽くして彼らが希望する治療を行うことに同意してくれる医療機関が全国に約320存在します。本日は、このような医療機関の利用方法についてご紹介いたします。

1.訪日外国人旅行者を受入可能な医療機関はなぜ必要なのか

毎年、日本を訪れる外国人はたくさんいます。その理由は様々ですが、日本滞在中の突然の事故や病気によって、医療機関で治療を受けなければならない状況に陥ることがあります。そのようなとき、外国人は不安に感じるものです。中には日本語が上手く話せない人もいますし、宗教上の理由である種の治療を受け入れることができない人もいます。自国ではそのような事情が受け入れられるものの、日本ではそのようなことが配慮されるのかどうかが心配となり、大きな不安が生じるのです。

2.ホームページから確認できる

日本滞在中の外国人が急遽病院へ行かなければならなくなった場合、訪日外国人旅行者受入可能な医療機関を紹介してくれるウェブサイトを利用すれば、ふさわしい医療機関を容易に見つけることができます。まず「For safe travels in Japan Guide for when you are feeling ill」で検索します。すると訪日外国人旅行者受入可能な医療機関を紹介するウェブサイトが現れます(⇒https://www.jnto.go.jp/emergency/eng/mi_guide.html

まず最寄の医療機関を探す「search」の欄をクリックすると言語のチョイスが表示されます。ここで外国人が母国語とする言語にチェックを入れます。そしてその下には治療を必要とする人がどのような状態であるかが示され、ふさわしいものにチェックを入れ、「search」をクリックします。そうすると画面上に最寄であり、しかも外国語が話せる人がいる医療機関の情報が表示されます。提供される情報は住所、電話番号、地図、そして医療機関のホームページのサイトアドレスなどです。

3.双方にとってメリットとなる

外国人の背景を理解し、個人を尊重してくれる医師の存在する医療機関が日本に320あるということは、日本を訪れる外国人にとっては非常に心強いものです。このような医療機関があることがわかり、日本行きを決意したという外国人も少なくありません。このような状況は外国人に日本という国をより身近に感じてもらうことに大きく貢献します。

また外国人観光客が増えることで、日本経済も上昇することになります。そのため訪日外国人旅行者受入可能な医療機関の存在は外国人、そして日本人双方にとって大きなメリットをもたらすことになるでしょう。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
外国人の方の会社設立やビザ申請業務につきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、外国人の日本での会社設立やビザ申請に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に会社設立業務やビザ申請業務を開始いたします。