会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都中央区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

代表司法書士・相続診断士 石川宗徳の 所長ブログ&コラム

手話で法律45 川崎で講演をしました(字幕付き)

手話で法律動画 第45段

汐留司法書士事務所の桂誠九司法書士による手話動画(字幕付き)です。

今回は、先日行いました川崎市での講演について紹介をしています。

他の手話動画につきましては、こちらをご覧ください。

≫手話動画一覧

手話で法律45 川崎で講演をしました(字幕付き)

 

 

字幕全文

こんにちは。桂です。

先日、川崎市で講演を行いました。
「法律の基本」をテーマにお話し致しました。
参加者は聴者が多く、聴覚障害のある方は6名程でした。
講演後の質疑応答では、遺言に関するものが多かったです。
例えば、視覚障害のある方や、病気や高齢により筆記が難しくても遺言は作れるのか?や、講演中に「遺言」と「遺書」は違うとあったが、その理由は何?など、色々ありました。
他に興味深かったのは、私は遺言に対し良いイメージを持っていました。
高齢な方が今までの自分の気持ちを書いたり、家族に伝え残るものというイメージです。
しかし、参加者には悪いイメージ、その時は、自殺の時に書くのが遺書じゃないの?と言われ、そのイメージを持っているのかと思いました。
「遺言」と「遺書」は名前が似ているので、そのイメージも繋がりがちです。
しかし、遺言をいい制度であり、家族のためにもなりますので、その悪いイメージを変えなくてはいけません。

遺言書を作るには法律のルールがあります。敷居が高いなと思ったら、まずは自分の気持ちをノートに書いてみましょう。
また、財産として銀行名やマイホームの住所、持っている株や貴金属類は何かを書いてみます。
他にもお葬式の方法や、通夜・告別式をするか、そこに友人を何院夜深、どうもてなすか等、含めて書き残すととても良いと思います。
自分が思っているだけでは相手に伝わらず、亡くなっても考えが分からないのです。
亡くなってもその思いは実現できないと思います。
なので、自分の考えを紙に残したり伝えることは、とても大切です。
そして次の段階として法的な書類を改めて作るのも良いと思います。
もし、伝えたいことがあるなら、形に残すのが良いです。
自分の考えを相手に伝えること、紙に残しておくことが大切を是非覚えてくださいね。
よろしくお願いいたします。

講演の様子

※手話通訳士の方は写せなかったので、字幕のみの表示です。

桂と言います。カツラですね。
よろしくお願いいたします。

今日は「法律の基本」をテーマにお話しします。
法律というと難しいイメージがありますが、簡単な単語に置き換えてお話ししていきたいと思います。
声で説明するため、手話は手話通訳士の方に任せたいと思います。
よろしいでしょうか?よろしくお願いいたします。

テーマは3つで「ろう者と法律」「ろう者と遺言」「ろう者と相続」の3つです。
相談にいらっしゃる方は、情報が足りないので教えて欲しい、どのような制度があるのか教えて欲しいと言う事で事務所にいらっしゃいます。
その中で多い質問を3つに分けてお話しします。

では、1つ目のテーマに入ります。
障害の有無で使う法律は変わるか?例えば、障害のある方専用の法律があるのか、いや、障害に関係なく使われる法律は同じなのか。
現在、日本には2000種類程の法律があります。
沢山ある法律の中で考えてみましょう。
昔の民法には「準禁治産者」という言葉がありました。
今はない用語ですが、昔の民法にありました。
ろう者は、この準禁治産者に該当し、ローンを組めなかったり、契約をするのに制限がありました。
しかし、昭和54年に法改正があり、この規定は無くなりました。
現在は、別の用語が3つ「成年被後見人」「被保佐人」「被補助人」です。
これは、障害の有無ではなく、判断能力があるか否かで分かれています。
判断能力があるか否かというのは、とても大切な基準になります。


この記事の著者

司法書士/相続診断士
石川宗徳

代表司法書士・相続診断士 石川宗徳 [Munenori Ishikawa]

1982年4月生まれ。早稲田大学法学部卒業。
司法書士・相続診断士。東京司法書士会所属
(会員番号:7210、簡易裁判所代理業務認定番号:801263)

2009年から司法書士業界に入り、不動産登記に強い事務所、商業登記・会社法に強い事務所、債務整理に強い事務所でそれぞれ専門性の高い経験を積む。

2015年8月に独立開業。2016年に汐留パートナーズグループに参画し、汐留司法書士事務所所長に就任。会社法及び商業登記に精通し、これまでに多数の法人登記経験をもつ。

また不動産登記や相続関連業務にも明るく、汐留パートナーズグループのクライアントに対し法的な側面からのソリューションを提供し、数多くの業務を担当している。

汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター