書籍『複式簿記の理論とJA簿記』出版のお知らせ

article
汐留パートナーズ税理士法人の代表社員 平野秀輔・前川研吾監修、書籍『複式簿記の理論とJA簿記』を白桃書房より出版いたしました。

監修の平野秀輔は農林水産省職員法令遵守委員会専門委員、農業協同組合監査士資格試験委員、農業協同組合内部監査士検定試験委員等を長年務めており、JAグループは弊社のクライアントでもあります。

農業協同組合(JA)は、業務が多岐にわたり、さまざまな業種の複合体となっております。
本書は、JA、またJAに関連した会計業務に携わる方向けに、その教育・業務に関わってきた汐留パートナーズ税理士法人が監修・執筆する教科書でございます。 幅広い簿記の手法をまとめておりますので、一般の方にも有用な一冊となっております。

第1章 簿記とは何か
第2章 複式簿記の基礎と簿記一巡の手続
第3章 基礎的な勘定科目の説明
第4章 決算
第5章 JA簿記の概要
第6章 信用事業
第7章 共済事業
第8章 購買事業
第9章 販売事業
第10章 その他の事業・帳簿組織・本支所会計
第11章 事業管理費・事業外損益・特別損益
第12章 外部出資
第13章 税金に関する会計
第14章 引当金の計上
第15章 税効果会計
第16章 貸倒損失及び貸倒引当金
第17章 固定資産の減損に係る会計及び資産除去債務会計
第18章 出資金・剰余金に関する取引処理
第19章 JAの財務諸表
第20章 JAの連結財務諸表

本書の概要

書籍タイトル:『複式簿記の理論とJA簿記
監修者:平野秀輔・前川研吾
執筆者:佐藤幸一・長谷川裕哉・土屋明誠・松橋亮太・前川悠介・三宅宏史・三井亮・亀谷尚輝・藤井淳平・佐藤日奈・安栖智史・一井太平
出版社:白桃書房
発売日:2020/6/29
購入方法:https://www.amazon.co.jp/dp/456145182X/

最新情報

  • 中小企業庁「M&A支援機関登録制度」への登録について

    この度、汐留パートナーズ株式会社は、中小企業庁が公募する「M&A支援機関登録制度」に申請し、M&A支援機関として登録されたことをお知らせいたします。 本登録制度は、中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築することを目的に中小企業庁が創設したものであり、所定の要件を充足す...

    続きを読む
  • 汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年10月号

    IPOに関わる論点について 季節もすっかり秋めいてまいりましたが、皆様お加減にお変わりはございませんでしょうか。 今月のニュースレターでは「IPOに関する論点」について取り上げます。株式上場は、会社の信用力・知名度の向上、資金調達、優秀な人材獲得など、会社にとって非常に多くのメリットがあります。 一...

    続きを読む
  • 新役員体制のお知らせ

    汐留パートナーズグループ(グループCEO:前川研吾)は、9月1日付の新役員体制についてお知らせいたします。 詳細は以下のとおりです。     汐留パートナーズ株式会社 代表取締役社長兼グループCEO 前川 研吾 取締役経営企画室長 金森 光昭 取締役アドバイザリー事業部長 山口 壮太 取締役管理部長...

    続きを読む
  • 汐留パートナーズ・ニュースレター 2021年9月号

    副業人材について 残暑も厳しい中、季節の変わり目が近づく季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今月のニュースレターでは「副業人材」について取り上げます。コロナ禍をきっかけとして、昨年来副業が大きなブームとなっています。 副業人材と企業をマッチングするプラットフォームの増加・成長や、大手...

    続きを読む
  • 越境ECに関する欧州連合の付加価値税の取り扱いに関する変更、及び米国の売上税対応についてのご案内

    汐留パートナーズ株式会社より、2021年7月に変更が行われた越境ECに関する欧州連合の付加価値税の取り扱いに関する変更、及び米国の売上税対応についてご案内させていただきます。 <輸入ワンストップショップ制の導入(欧州連合)> 欧州連合では7月1日から欧州以外の国から電子商取引(EC)サイト経由で個人...

    続きを読む