2つの『出国税』

tax-departure

現在、様々なメディアで取り上げられている「出国税」ですが、すでに日本国内で導入されている「出国税」が存在することを、皆さまはご存知でしょうか。

両者とも言葉では同じ「出国税」ですが、全く異なる性質を持ったものです。1つは、正式には「国外転出時課税制度」といい、1億円以上の株式などの対象資産がある富裕層のみを対象としているものです。もう一つは日本から出国する日本人や外国人全員を対象としているものです。

この2つの「出国税」の違いを明らかにしていきたいと思います。

富裕層向け出国税対応サービスと料金について

国外転出時課税対応サービスの詳細については「出国税対応サービス」にて、また、サービスの料金については、「各種料金表」にてご紹介をさせていただいております。

海外移住・海外転勤や、お持ちの不動産の状況など、お客さまのお話を一度詳しく聞かせていただき、お客さまに沿ったクオリティの高いサービスをご案内させていただきたいと
考えております。

出国税対応サービスについて、初回無料相談を承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。弊事務所の専門スタッフにお客様の想いや疑問点などをお聞かせ下さい。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
納税管理人につきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの納税管理人に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に納税管理人を開始いたします。