日本企業に対して海外進出コンサルティングサービスを提供している当社汐留パートナーズ株式会社は、グローバルな視点から会計・ビジネスのアドバイザリーを提供する PKF Internationalの日本メンバーファームです。PKF Internationalは、 1969年にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアのメンバーファームを ベースに発足し、現在では世界主要各都市に拠点を構えており、150カ国400都市をカバーしています。

近年、日本を取り巻く経済環境は激変しており、日本企業の海外進出はますます増加し、国際的な視点に基づく会計税務・人事労務・法務サービスが求められるようになっております。このような企業を取り巻く事業環境の変化に対応するために、汐留パートナーズは、グローバル化・複雑化するクライアントのニーズにお応えするとともに、最先端の高度な情報に基づき高品質かつ効率的な各種サービスが提供できるよう、世界的なアカウンティングネットワークの一つである PKF International にも加入しております。

PKFの日本メンバーファームは汐留パートナーズ(本社:東京)、ひびき監査法人(本社:大阪)の2つです。ひびき監査法人は設立30年以上の伝統ある監査法人であり、価値あるサービスを提供することによってクライアントと共に成長を続けています。汐留パートナーズでは監査業務は行わないため、ひびき監査法人と連携して、国内外のクライアントへサービスを提供してまいります。

名称 PKF International(PKFI)
設立年 1969年
創設事務所 Pannell Fitzpatrick & Co (UK)
Harris, Kerr, Forster & Co (USA)
Campbell, Sharp, Nash & Field (Canada)
Wilson, Bishop, Bowes & Craig (Australia)
主要サービス Assurance(保証業務)
Taxation(税務業務)
Advisory(アドバイザリー業務)
Business Solutions(経営コンサルティング業務)
Corporate Finance(コーポレートファイナンス業務)
Hotel Consulting(ホテルコンサルティング業務)
拠点・リージョン 世界150カ国以上拠点400以上

5つのエリア(Asia Pacific、Europe, Middle East and Indian sub-continent、North America and Caribbean、Latin America、Africa)

Webサイト https://www.pkf.com/