support-banner

海外進出の検討・戦略コンサルティング

海外に進出することを考えた場合、まずはどのような進出形態を選択するかを検討することになります。海外で事業を行うための形態はいくつかありますが、会社経営のしやすさや税制面のメリット等を総合的に勘案してご提案をさせていただきます。また、スキーム確定後は、会社設立に向けて実行のお手伝いをさせていただいております。

海外進出の検討から実際の進出までの流れ

汐留パートナーズでご支援させていただく進出検討・会社設立コンサルティングの流れの一例をご紹介いたします。

STEP1:
海外進出に関する情報収集と検討

最初に海外進出全般に関する情報の収集に取り掛かります。社内で海外進出に関するプロジェクトチームを組成します。汐留パートナーズは、クライアントの海外事業戦略室や経営企画室等のアドバイザーとしてこれらのプロジェクトにジョインさせていただきます。

ov
ov1

STEP2:
進出国・地域の選定と環境・市場調査

次に進出国や地域の選定を行い、環境や市場についての調査を行います。汐留パートナーズではPKFネットワークを最大限活用し、また言語の問題がある場合には通訳・翻訳サービスをご提供させていただき、調査を進めてまいります。

STEP3:
具体的な進出計画の策定

進出する国や地域が決定しましたら、海外進出に関しての具体的な計画を策定します。法人設立、支店設立、M&A、業務提携などの進出形態の中から、自社の海外進出の目的に適した方法を選定します。

ov2
ov3

STEP4:
海外進出プロジェクトの遂行

現地法人を設立して海外進出プロジェクトを遂行するという場合であれば、策定した海外進出計画に従って、会社・支店設立、各種官庁への届出・許認可、銀行口座開設、事務所の賃貸契約等など、セットアップに関するプロジェクトタスクを1つずつ遂行していくお手伝いをいたします。