シンガポールの民族構成・宗教・GDPについて

singapore-gdp

2013年時点でシンガポールの人口は約540万人です。シンガポールの人口は着実に増加しています。特にシンガポールで仕事をする外国人労働者の増加が顕著です。シンガポール政府は毎年約25,000人にシンガポールの市民権を外国人に与え続けています。また1人当たりGDPの水準も非常に高い値で推移しております。

ここでは、シンガポールに進出する上で、最低限抑えておくべきシンガポールのGDP、民族構成、宗教についてご紹介致します。

1.シンガポールのGDP/1人当たりGDP

シンガポールのGDPは2013年現在で274.7億USドルとなっております。1人あたりGDPは56,000US$であり、カタール、ルクセンブルグについで世界第三位となっております。GDP成長率は2011年で5.2%、2012年で1.3%となっており、現在の成長率はゆっくりした水準となっております。

2.シンガポール人の民族構成について

シンガポールの民族構成については以下のようになっています。

・中華系 74.2%
・マレー系 13.3%
・インド系 9.2%
・その他 3.3%

シンガポールの人口の約74%を中国系が占めています。実際にシンガポールへ行ってみると中国系国家の雰囲気というよりは多民族国家の雰囲気を感じます。その理由の1つとしてあげられているのは、政府及び首相であるリー・クアン・ユーが、シンガポール建国以来継続して民族間の協和に努めてきたためといわれます。

3.シンガポール人の主な宗教

シンガポール人の宗教については以下のようになっています。

・仏教 33.3%
・キリスト教 18.3%
・イスラム教 14.7%
・道教 10.9%
・ヒンズー教 5.1%
・その他 0.7%
・無宗教 17.0%

中華人系は、多くの人々が仏教・道教を信仰しており、一部がキリスト教を申告しています。マレー系の人々はイスラム教徒が多く、インド系の人々はヒンズー教徒が多くなっています。

[

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。