TOP >シンガポールその他 > シンガポールの民族構成・宗教・GDPについて

シンガポールの民族構成・宗教・GDPについて


2013年時点でシンガポールの人口は約540万人です。シンガポールの人口は着実に増加しています。特にシンガポールで仕事をする外国人労働者の増加が顕著です。シンガポール政府は毎年約25,000人にシンガポールの市民権を外国人に与え続けています。また1人当たりGDPの水準も非常に高い値で推移しております。

ここでは、シンガポールに進出する上で、最低限抑えておくべきシンガポールのGDP、民族構成、宗教についてご紹介致します。

1.シンガポールのGDP/1人当たりGDP

シンガポールのGDPは2013年現在で274.7億USドルとなっております。1人あたりGDPは56,000US$であり、カタール、ルクセンブルグについで世界第三位となっております。GDP成長率は2011年で5.2%、2012年で1.3%となっており、現在の成長率はゆっくりした水準となっております。

2.シンガポール人の民族構成について

シンガポールの民族構成については以下のようになっています。

・中華系 74.2%
・マレー系 13.3%
・インド系 9.2%
・その他 3.3%

シンガポールの人口の約74%を中国系が占めています。実際にシンガポールへ行ってみると中国系国家の雰囲気というよりは多民族国家の雰囲気を感じます。その理由の1つとしてあげられているのは、政府及び首相であるリー・クアン・ユーが、シンガポール建国以来継続して民族間の協和に努めてきたためといわれます。

3.シンガポール人の主な宗教

シンガポール人の宗教については以下のようになっています。

・仏教 33.3%
・キリスト教 18.3%
・イスラム教 14.7%
・道教 10.9%
・ヒンズー教 5.1%
・その他 0.7%
・無宗教 17.0%

中華人系は、多くの人々が仏教・道教を信仰しており、一部がキリスト教を申告しています。マレー系の人々はイスラム教徒が多く、インド系の人々はヒンズー教徒が多くなっています。

もしシンガポール会社設立やシンガポール進出のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのシンガポールビジネスに詳しいコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧

カテゴリー