シンガポールは外国企業・外国人の会社設立をどのように見ているのか?

シンガポールは、シンガポールに対して投資をしてくれる外国企業や、シンガポールに進出する外国企業を歓迎しています。その理由は、そのような外国企業は結果的にシンガポールに雇用を創出し、シンガポール製剤の活性化に貢献してくれると考えているためです。また、シンガポール政府も外国人起業家を考え異しています。

1.シンガポール政府の外国法人・外国人企業の誘致政策

singapore-government

シンガポール政府は、シンガポールで起業する外国人起業家を大歓迎しております。そのような外国人起業家等は、それまでのシンガポールにはない新しく多様な経験や専門技術をもたらします。シンガポールにて起業した外国人等が、シンガポールの各地のコミュニティーに加わることで、そのような経験や専門技術はいろいろなタイプのシンガポール人やシンガポール法人により吸収され、シンガポール経済へ寄与するものと考えているようです。

2.シンガポール人が歓迎する外国人とは?

シンガポールでは白色人種、すなわち、アメリカやヨーロッパ出身の外国人は非常に歓迎されています。シンガポールでは、アメリカやヨーロッパ出身の外国人都会的で、洗練されていて、裕福だというように認識されています。

一方で中国出身者はあまり歓迎されていないようです。シンガポールにおいて中国人は、せっかち、厚かましい、でしゃばり、シンガポールの文化を鈍感で受け入れない、というようにネガティブに認識されています。シンガポールは中華系の民族が大多数を占めているのにもかかわらず、このような意見はとても意外な気がします。

中国人は、「中華系シンガポール人は中国語を流暢に話せない」と思っているようで、そのことが中華系シンガポール人にとっては特に嫌なことのようです。

3.シンガポール人にとって日本人とは?

さて、シンガポールに進出してシンガポール法人を設立する上で、シンガポール人が私達日本人に対してどのような感情を抱いているかについては皆様関心がある点かと思います。

シンガポール元首相リー・クアンユー氏は非常に親日家であったといわれます。リー・クアンユー氏がシンガポールを建国した1965年当時は、わずか516ドルだったシンガポールの1人当たりGDP(国内総生産)は、2014年には5万6,200ドルを超えました。日本の約3万7,500ドルをも大きく上回っているが、リー・クアンユー氏がシンガポールという資源のない小さな国家をどのように発展させて国力を豊かにするか考える際、常々日本をモデルにしていたといわれています。

一般的なシンガポール人は日本に対して比較的好意的な感情を持っている人が多い印象がありますが、すごく親日的であるという感じでもないのかなというのが私の感覚です。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。