シンガポールの会社の法人税率・税金納付について

シンガポールに進出するメリットの1つに、シンガポールが非常に低税率であることがあげられます。以下、シンガポールの法人税率・税金納付についてについてご紹介します。

1.シンガポールの法人税率

corporate-tax

シンガポールでは、法人所得税の税率が徐々に下がってきており、現在は17%となっています。シンガポールは中小企業にとって多くの税の恩恵を受けることができる魅力的な国です。

以下の要件を満たす新設のシンガポール法人は、最初の3年間は100,000SGDまでの課税所得は免税となります。

・シンガポールにて設立された法人であること
・シンガポールの税務上の居住であること
・株主が20名以下であること
・少なくとも1名が10%以上の株式を保有していること

同時に全てのシンガポール法人は、設立時期に関係なく、年間で最初の300,000SGDまでの課税所得については8.5%の税率となり、それを超える分について17%となります。また、シンガポールでは地域によって税率が異なるようなことはありません。1つの都市国家として地方税がないため、国税のみが課税されます。

2.シンガポールの法人税の納付方法

シンガポールにおいては、インターネットバンキングか、GIROかによる納付を行います。GIROとはシンガポールで用いられる銀行口座振替制度です。なお納付は、1回払いか分割払いかになります。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。