シンガポールの人材ビジネスについて

本日は、シンガポールの人材ビジネスについてご紹介いたします。

1.シンガポールの人材ビジネスの歴史について

シンガポールが人材ビジネスについて考え始めた歴史は、1965年のマレーシアからの独立からです。シンガポールは天然資源や国土領域にまったく恵まれていません。しかし、そのような条件下においても自国の経済を発展させていかなければなりません。

そこで採られた方針は、外国人を含むエリート人材の「育成」と「受け入れ」により、自国の経済発展を高めることでした。「育成」は自国の技術を高めることを目的としています。また、「受け入れ」は人材のみならず、企業や観光地化、またサミットのような国際会議を含んでおり、多様性に特化していくことを目的としています。

2016年の現在においては、多様性の「受け入れ」については十分に目標が達成され、より「育成」に重点を置いています。

2.人材の「育成」について

singapore-human-resource

国土が狭く、資源が乏しいシンガポールですが、優秀である人材を集め育成することについては、アジア他国よりも有利な点が複数上げられます。

1点目は地政学上の優位性です。シンガポールはアジアのほぼ中心に在しているため、アジアの優秀な人材を集めることが可能でした。

2点目は公用語(第一言語)が英語であることです。これにより言語によるハンデをなくし、かつグローバル化にも対応できたため、より優秀な人材を育成することを可能にしました。その他の点としては、治安の良さが挙げられます。

これら複数のメリットを生かし、シンガポールは、教育に力を入れることで、真の優秀な人材を育成することを完全なものとしました。シンガポールでは小学生の統一試験の時点で、人材の選定がすでに始まっています。そこから、学力の選定が始まり、大学に行ってさらに学問を深める人や技能専門学校に行って専門分野を深める人に振り分けられます。このような育成から、適材適所の人材配置がなされています。

3.シンガポールの人材ビジネスの今後

シンガポールでは人材ビジネスを通して、経済発展に成功することができました。しかし、近年は新たな問題にぶつかっています。そのひとつが少子高齢化による労働人口の減少です。

現在のシンガポールは、「育成」に力を入れすぎたことがかえって問題になっています。それは労働人口が減っているにもかかわらず、エリート層の人数を変えてこなかったことです。その結果、建設を行うような肉体労働者の比率、絶対数ともに顕著に減少しています。これでは経済発展の実行が難しくなってきます。今後はこのような実作業者の確保が課題となっています。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。