シンガポールの有名人について

シンガポールには、国内のみならず世界的にも著名な人物が数多くいます。本日は、その中でも知名度の高い有名人を5人ご紹介します。

1.リー・クアンユー

シンガポールの初代首相。シンガポールは1965年にマレーシア連邦から追い出される形で独立しました。その後、東南アジアの中心、マラッカ海峡における交通の重要な地点というシンガポールの好立地を最大限に活用し、同国を世界経済の中核にまで押し上げました。現在一人当たりのGDPは、日本より高いほどに成長しています。

2.ステファニー・スン

1978年にシンガポールで生まれたアジア圏を代表する人気歌手で、シンガポールの超名門大学出身という才女。英語名はステファニー・スンですが、イェンツーと呼ばれることが大半です。

2000年6月にアルバム「孫燕姿」でデビュー以降、アジア圏のトップ歌姫として活躍しているにもかかわらず、未だに日本盤はリリースされていません。しかし、日本における人気もかなりのもので、「姿迷」と呼ばれる熱狂的なファンが存在します。

3.ファンディ・アマド

シンガポールサッカー界のレジェンド。1978年に、当時の最年少記録となる弱冠16歳でシンガポール代表の試合に出場しました。シンガポール代表として通算100試合に出場し50得点を記録。1993~1997年まで主将も務めています。

4.ユソフ・ビン・イサーク

マレーシア・ペラ生まれのシンガポールの政治家。現在のシンガポールドル紙幣には、ユソフ・ビン・イサークの肖像画が使われています。

1939年に、「マラヤ先駆報」の第一号を発行し、編集長を務めました。1956年にはマラヤ人民委員に就任。1959年にシンガポールの初代大統領に就任以降、1970年まで大統領を務めています。シンガポールがマラヤ連邦の一員だったころから、1965年の独立を経て、1970年の逝去まで在任しています。

5.ホー・チン

1953年生まれのシンガポールの実業家。中国名は何晶。世界でも屈指のソヴリン・ウェルス・ファンドであるテマセク・ホールディングの最高経営責任者で、第三代首相リー・シェンロンの妻でもあります。世界有数の経済誌であるフォーブスから、「世界で最も影響力がある女性」の一人に選出されています。

シンガポール国立学校のエンジニアリング学科を首席で卒業後、アメリカのスタンフォード大学で電気工学の理学修士号を取得しました。国防省に技官として入省後、シンガポール・テクノロジー・グループを経て、2002年にシンガポールの政府が所有する投資会社であるテマセク・ホールディングスに入社、2004年から現職にあります。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
海外進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの海外進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に海外進出コンサルティングを開始いたします。