シンガポールとミャンマーの関係

singapore

シンガポールに近いミャンマーは、つい最近まで軍事政権となっており、民主化に非常に大きな壁がありました。そうした状態の中、シンガポールとミャンマーは、軍事政権の時代からつながりがあります。特に多方面でのつながりを持つシンガポールは、ミャンマーに経済的にも投資をしている他、移動手段なども確保しています。本日は、シンガポールとミャンマーの関係についてご紹介いたします。

1.軍事的に若干のつながりを持っていた

シンガポールは武器の修繕を行うことができる企業等が存在するため、軍事的にもミャンマーにとってはプラスの存在となっていました。アメリカから制裁を受け、武器を手に入れることができなくなったことから、元々持っていた武器を直してもらうなどして対応してもらっていました。これによって、ミャンマーはシンガポールと直接関わりを持つわけではなく、間接的に関係を持っていました。

その後軍事政権は終了して、これから民主主義によって生まれ変わることが予想されるミャンマーは、シンガポールとは軍事的関連ではなく、経済的な関係を強めることを望んでいます。ミャンマーから見ると、これまで多少なりともつながりを持っていたことで、今後の信頼できるパートナーとしてシンガポールをとらえています。

2.経済的にもシンガポールは投資をしていた

ミャンマーは、軍事政権時代に非常に世界的にも厳しい状況となっていたため、パートナーとして中国が中心となって投資をしていましたが、シンガポールも投資を行っていました。シンガポールとしても、ミャンマーの資源は重要なものであり、これが失われると自国の経済に影響が出るものと考えていたためです。したがってシンガポールは、割と早い段階からミャンマーへの投資を強めて、多くの金額を提供していました。

投資金額はさすがに中国には及びませんが、かなり大きな金額を出していたことがわかっています。それだけシンガポールは、ミャンマーを良いパートナーとして、そして資源的に重要な国として考えています。

3.航空会社が移動手段を確保している

singapore-airlines

シンガポールとミャンマーは、飛行機を利用して互いに移動できるようになっています。シンガポール航空や、ミャンマーの航空会社などが、1日1便程度の少ない本数ではあるものの、互いに飛行機による移動手段を確保して、人が移動できるようにしています。

シンガポールの航空会社、そして周辺で利用されている会社が多く関わっていることで、ミャンマーへの移動はシンガポールからは比較的簡単にできるようになっています。意外とシンガポールからミャンマーへ入ることが容易なので、日本からもミャンマーに移動する際にはシンガポール経由はよく使われます。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。