シンガポールの法律事務所・弁護士について

シンガポールは相当な発展を遂げている国です。町並みもどんどん変化しています。同時に色々な犯罪行為も急増しており、犯罪を防止するために必要な措置を取らなければなりません。そのような事情から検察のみならず、弁護士の業務に関して重要性が高まってきています。本日は、シンガポールの法律事務所・弁護士についてご紹介いたします。

1.新しいロースクールの開校へ

singapore-law-firm

シンガポールでは、従来まで2つのロースクールによって弁護士の育成を行い、弁護士の資格を取れるようにしていました。しかし人員不足から3つ目のロースクールを創設することとなりました。シンガポールでは、さらに弁護士の数を増やし、法律事務所の数を増やしたいと考えているためです。

シンガポールの弁護士はかなり不足していると言われておりましたので、犯罪を犯していた人の弁護をする弁護士も不足しているほか、法律事務所も多忙で厳しい状態となっていました。このような状態を解消するためには新しいロースクールの設立と人材の育成はとても重要でした。

2.弁護士自体はかなり増えている

上述の新しいロースクールの存在によって、弁護士は1000人近く増加したとされており、弁護士は5000人弱にまで達するようになりました。しかし、シンガポール全土をカバーできるほどの人数は足りていないので、今後も弁護士を増やすための対策を講じる必要はあるようです。

3.日本の弁護士事務所も開設している

シンガポールでは、シンガポール国内で開設されている法律事務所もありますが、日本の事務所がシンガポールに支所を作るような形で開設している場合もあります。日本から赴任した弁護士がシンガポールに関する情報を発信したり、現地でシンガポールの弁護士を採用するなどの方法で日系企業のサポートを行っています。

今後はそうした法律事務所が増えることも予想されています。シンガポールはまだまだ弁護士が足りていないため、各国の弁護士がシンガポールに進出することで法務面での支援体制を構築していくというのも1つの方法となっています。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
日本進出コンサルティングにつきましては、原則としてご来社いただいてお打ち合わせをさせていただいておりますが、クライアントのご都合によってはお伺いさせていただきます。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの日本進出に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に日本進出コンサルティングを開始いたします。