登記関係

相続登記や氏名・住所変更登記が義務化される!?今から対策できる人は対策を

2021年3月14日現在、相続登記及び氏名・住所変更登記は義務化されていません。例えば、相続人が相続によって不窶ヲ

権利証が見当たりません…。権利証がないと相続登記はできませんか?

亡くなった方の名義となっている不動産の登記簿を、相続により当該不動産を承継した相続人名義へ変更する登記手続きのことを相窶ヲ

相続した未登記建物を売るには保存登記が必要です。

原則として、1つの不動産につき1つの登記簿が存在します。しかし、建物については建築後に表題の登記というものを申窶ヲ

自分の知らないところで勝手に相続登記をされることはありますか?

原則として、不動産の登記は当事者が登記申請をしなければなりません(代理人に委任した場合を含みます)。しかし、自窶ヲ

父名義の不動産を息子が売却することはできますか?

父親が名義人となっている不動産を子が売りたいというケースがあります。これは父親が生きている時であっても、亡くな窶ヲ

認知症になった父が家族信託を利用することはできますか?

近年、家族信託という仕組みに注目が集まっています。確かに遺言や成年後見等、他の制度では行うことができないことを窶ヲ

合同会社の社員(出資者)に、何となくという理由で親族を入れていませんか?

会社を作る、というときに、株式会社ではなく合同会社を選択する人も今では多くなりました。親族で飲食店や小売りを営窶ヲ

2019年7月以降、遺言があっても相続登記をしておかないと権利の一部を失う可能性があります

改正相続法の一部が2019年7月に施行されました。その一つに、第三者に対抗するには相続登記が必要となる旨の規定窶ヲ

遺産分割協議が成立したら、相続登記を済ませておいた方が良い理由

相続が発生して、遺産の分け方もとくに姉妹間で揉めることなく無事に決まりました。姉が預金を相続し、私は自宅を相続窶ヲ

分筆する前に相続登記をする場合と分筆した後に相続登記をする場合の登録免許税の差

相続財産に広い土地が含まれているときに、その土地全てを長男が相続するという遺産分割をすることもできます。一方で窶ヲ

さらに記事を表示する
PAGE TOP