相続コラム

相続登記や氏名・住所変更登記が義務化される!?今から対策できる人は対策を

2021年3月14日現在、相続登記及び氏名・住所変更登記は義務化されていません。 例えば、相続人が相続によって不動産を取……

他の相続人が遺留分を放棄した場合、私の遺留分は増えますか?

兄弟姉妹(とその代襲相続人)を除く法定相続人には遺留分があります。 遺留分の割合は、相続人の地位や人数により定まります。……

権利証が見当たりません…。権利証がないと相続登記はできませんか?

亡くなった方の名義となっている不動産の登記簿を、相続により当該不動産を承継した相続人名義へ変更する登記手続きのことを相続……

相続した未登記建物を売るには保存登記が必要です。

原則として、1つの不動産につき1つの登記簿が存在します。 しかし、建物については建築後に表題の登記というものを申請してい……

自分の知らないところで勝手に相続登記をされることはありますか?

原則として、不動産の登記は当事者が登記申請をしなければなりません(代理人に委任した場合を含みます)。 しかし、自分が登記……

父名義の不動産を息子が売却することはできますか?

父親が名義人となっている不動産を子が売りたいというケースがあります。 これは父親が生きている時であっても、亡くなった後で……

認知症になった父が家族信託を利用することはできますか?

近年、家族信託という仕組みに注目が集まっています。 確かに遺言や成年後見等、他の制度では行うことができないことを家族信託……

全く面識のない人が共同相続人となることもありますか?

人が亡くなったときに、誰がその遺産を相続するのかは民法で定められています。 この、民法で定められている遺産を承継する人の……

清算型遺贈をするなら遺言執行者の選任をした方がいい理由

遺言による遺産の分配方法の一つに、清算型遺贈という方法があります。 清算型遺贈をするときは、遺言執行者の有無によって相続……

相続対策として、生命保険信託という選択肢を知っておいても損はありません。

家族信託という言葉を、相続に関わる専門家の間ではよく聞くようになりました。 家族信託は、あくまで信託の一種の呼び方で、信……

不動産の相続財産調査をするときは名寄帳も取得しましょう。

相続財産に不動産が含まれるケースは少なくありません。 不動産は自宅とその土地しかありません、という場合でも、土地が1つに……

遺留分ってなに?

 遺留分という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。遺留分とは、遺族のその後の生活保護などの観点から設けられている相続……

死亡保険金は相続税がかからない?

 被保険者が死亡したことにより受け取ることができる生命保険金や損害保険金、いわゆる死亡保険金には相続税がかからないという……

海外不動産については相続税法上どういう評価になるのでしょうか?

昨今のグローバル化に伴い、節税目的や海外出張等でその国の不動産を購入し、その後日本において亡くなられるケースも少なくない……

[配偶者優遇]夫婦間の不動産贈与は優遇される?

夫婦間における贈与・相続にはいくつか優遇措置が設けられています。 2020年4月より施行される配偶者居住権についても、配……

私は相続税の納税義務者に該当するのでしょうか?

昨今のグローバル化に伴い、かつては日本で生活をしていた方が、海外に住居を移され、その国で亡くなられるケースが多々見受けら……

現金を毎年贈与し続けると、相続で否認されてしまうのでしょうか

相続対策として、現金の贈与があります。 ただし、ただ毎年お金を渡しているだけでは、いざ相続が始まった時にその贈与が否認さ……

相続税の申告期限・納税期限はいつまで?

今日の日本では、特に大都市圏においては不動産を持っていると相続税がかかる、と言われているほど、相続税は身近なものになって……

民法の改正によって創設された配偶者居住権の売却における計算方法

平成30年(2018年)7月に相続法が大きく改正され、その一部が令和1年(2019年)7月に施行されました。 その改正さ……

遺産分割前の預貯金払戻し制度とは? -遺言書がない場合・遺言書がある場合-

目次1 遺産分割前の預貯金払戻し制度とは1.1 遺言書がない場合1.1.1 この制度を利用できる人1.1.2 払戻し請求……

1 2 6
PAGE TOP