相続コラム

被補助人、被保佐人、成年被後見人が相続放棄をする方法

相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになります。 そのため、被相続人に債務(借金)が多いときは…

子どものいる女性と結婚をしました。私の財産をその子どもは相続しますか?

この度、子どものいる女性と結婚をしました。 結婚をしたので、妻が私の相続人となることは間違いないかと思いま…

ご存知ですか?遺族年金は大きく分けて2種類あります。

皆さんこんにちは、社会保険労務士の北田です。 今回は、遺族年金について簡単にご紹介します。 遺族…

合同会社の社員(出資者)に、何となくという理由で親族を入れていませんか?

会社を作る、というときに、株式会社ではなく合同会社を選択する人も今では多くなりました。親族で飲食店や小売りを営…

相続人に認知症の人がいるときの、不動産の売却方法

父の自宅を相続したけれども、子は全員県外に住まいを構えていて、母は施設に入っています。 このような場合、自…

私は相続税の納税義務者に該当するのでしょうか?

昨今のグローバル化に伴い、かつては日本で生活をしていた方が、海外に住居を移され、その国で亡くなられるケースが多々見受け…

現金を毎年贈与し続けると、相続で否認されてしまうのでしょうか

相続対策として、現金の贈与があります。ただし、ただ毎年お金を渡しているだけでは、いざ相続が始まった時にその贈与…

相続税の申告期限・納税期限はいつまで?

今日の日本では、特に大都市圏においては不動産を持っていると相続税がかかる、と言われているほど、相続税は身近なものになっ…

民法の改正によって創設された配偶者居住権の売却における計算方法

平成30年(2018年)7月に相続法が大きく改正され、その一部が令和1年(2019年)7月に施行されました。そ…

遺産分割前の預貯金払戻し制度とは? -遺言書がない場合・遺言書がある場合-

遺産分割前の預貯金払戻し制度とは遺産分割前の預貯金払戻し制度は、平成30年7月6日に成立した「民法及び家事事件…

親の相続について相続放棄を検討しています。子である私が相続放棄をする方法は?

父の財産を相続することになったが、借金の方が多かった、、、。他の相続人と連絡を取りたくないため、母の相続に関与…

2019年7月以降、遺言があっても相続登記をしておかないと権利の一部を失う可能性があります

改正相続法の一部が2019年7月に施行されました。その一つに、第三者に対抗するには相続登記が必要となる旨の規定…

所有者が不明な土地等についての課税上の課題への対応について

2019年12月に税制大綱が発表されました。税制大綱とは、法律ではまだ確定しておりませんが、来年の税制の骨組み…

高額所得者がですが、個人の節税方法で何か良い節税方法はありますか?②

「私は給与が3,000万円と高額で、何か良い節税方法を探しております。ハワイの不動産購入が節税に良いと聞きましたが、可…

相続と裁判手続き(2)

Case3.家の貸主に相続が発生(誰が訴える?)Q3.父が亡くなりました。父はアパートを一棟所…

高額所得者ですが、何か良い節税方法はありますか?①

「私は給与が3,000万円と高額で、何か良い節税方法を探しております。ハワイの不動産購入が節税に良いと聞きましたが、可…

相続税の納税義務者はどういった方が対象となるのでしょうか?

例えば両親が亡くなった時に、相続人となる方が日本で生活している場合もあれば、海外で生活している場合も昨今少なくない状況…

遺産分割協議が成立したら、相続登記を済ませておいた方が良い理由

相続が発生して、遺産の分け方もとくに姉妹間で揉めることなく無事に決まりました。姉が預金を相続し、私は自宅を相続…

相続と裁判手続き(1)

Case1.家の借主に相続が発生①(裁判の開始より前)Q1.数年前に家をAさんに貸しました。A…

金融資産の相続手続きを自分でするか、専門家に依頼するか、迷ったときに

問いかけてみることの勧め -向いている?向いていない?-身近なひとが亡くなり、生活そのものや気持ちが落ち着いた…

妻には内緒にしていますが、他の女性との間に認知をした子がいます。遺言を書いた方がいいですか?

妻以外の女性との間に子どもができ、その子が生まれて3年程度が経過しました。その女性と話し合った結果、その子が生…

1 2 5
PAGE TOP