司法書士 石川宗徳の相続コラム

カテゴリー「遺言」の記事一覧

子どものいる女性と結婚をしました。私の財産をその子どもは相続しますか?

この度、子どものいる女性と結婚をしました。 結婚をしたので、妻が私の相続人となることは間違いないかと思います。 結婚前に既に生まれていた妻の子どもはどうなるでしょうか。 このコラムでは、妻の連れ子が夫の相続人となるかどう […]

,

2018/08/30 登記関係遺言

自筆証書遺言が見つかり、私が不動産を相続することになりました。相続登記の方法は?

夫が亡くなり、自筆証書遺言があることが分かりました。 その遺言によると、不動産は長男が相続することになるようで、相続人は全員が遺言の内容に従うつもりです。 ところで、不動産を相続したら、相続した人の名義へ登記簿を書き換え […]

,

2018/08/22 遺言

夫婦がお互いに相続させる旨の遺言の効力をちゃんと把握していますか?

最近、遺言を作成する人が増えています。 原則として、遺言はその内容が実現されますので、遺言者は当然その内容を理解しているはずです。 しかし、遺言を作成した後に状況が変われば、遺言の結果が変わることがあります。 そして、当 […]

,

2018/03/23 遺言

遺言とエンディングノートの違いを理解しよう。

最近では、終活の一環としてエンディングノートを作成しようというのを見かけることがあります。 とりあえずエンディングノートを書いておいたので自分の財産はエンディングノートの内容のとおり相続される、、、と思いきや、法律上は、 […]

2018/01/16 遺言

遺言にはどんなことを書けるの?法定遺言事項を確認しよう。

終活という言葉も使われるようになり、遺言を書く人も増えてきています。 ところで、遺言にはどのようなことを書くことができるのでしょうか。 このコラムでは、遺言に記載することにより法的効力を有する法定遺言事項について紹介して […]

2017/12/14 遺言

遺言が複数見つかった!?どの遺言の内容を優先すればいいのでしょうか。

父が亡くなって、父の部屋を整理していたところ遺言が2つ出てきました。 1つは3年前に書かれた公正証書遺言、もう1つは今年書かれた自筆証書遺言のようです。 このような場合、相続人はどのように対応すればいいのでしょうか。 こ […]

2017/12/10 登記関係遺言

先祖代々の土地の承継者を何代も先まで指定したい。何か方法はありますか?

私には先祖代々受け継いできた土地があります。 子どもたちが土地を相続するのはもちろん歓迎ですが、子どもたちの配偶者に土地が渡るのはできれば避けたいと考えています。 長男も次男も結婚しており、次男には子がいますが、長男には […]

,

2017/12/02 遺言

父の財産を、私(長男)が先に亡くなったときは妻に相続して欲しい。

私と妻は、私の両親と一緒に同居しています。 両親の財産は、同居している私と妻が相続するものだと思っています。 それは本当でしょうか? 相続という場面では、「相続なんてまだ先の話だ」、「おそらくこうなるだろう」と考え対策を […]

, ,

2017/11/16 成年後見遺言

奥様が認知症である方の相続対策にはどのようなものがありますか?

日本は高齢者の割合が増えていて、65歳以上の人口も増え続けています。 それに伴い、配偶者が認知症である夫婦の数も少なくなりません。 配偶者の方が認知症であるときに、その相手方が何も対策をせずに亡くなったらどうなるでしょう […]

, ,

2017/10/18 遺言

初期の認知症の方は遺言を作成することができるかどうか

遺言を作成するには、遺言作成時に遺言者に意思能力があることが必要です。 一方で、もしかしたら初期の認知症かもしれないという人が遺言を作っておきたいというニーズがあります。 初期の認知症の方は遺言を作成することができるので […]

東京汐留相続サポートセンターでは
相続手続き遺言成年後見など、
相続に関する様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ事前予約により土日祝日対応可能

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都中央区銀座7丁目13番8号 第二丸高ビル4階


電話でお問い合せ

メールでお問い合せ