ご挨拶

私ども「弁護士法人汐留パートナーズ法律事務所」は、企業法務から個人事件まで、豊富な経験と法律知識を駆使して、法律に関するあらゆるサポートをしております。 当事務所は、法人のお客様、個人のお客様を問わず、すべてのお客様と共に悩み、プロフェッショナルとしての解決策を『早く』『的確』に打ち出してまいります。 また、一般的に弁護士が苦手としている税務・労務・許認可・登記業務につきましても、当事務所に併設している「汐留パートナーズ税理士法人」「汐留社会保険労務士法人」「汐留パートナーズ行政書士事務所」「汐留司法書士事務所」との提携により、万全のサポート体制を整えております。
私どもは、弁護士業界特有の『固い』『重い』というイメージを払拭したいと考え、サービス業を手本にしたスタンスや行動を心がけております。ぜひお気軽にご相談下さい。

代表弁護士 佐藤 秀樹

佐藤秀樹 Hideki Sato

出身地: 京都府
出身校: 慶應義塾大学法学部法律学科卒
資格: 弁護士
所属団体: 第一東京弁護士会所属

平成12年慶應義塾大学法学部法律学科卒。

平成15年に司法試験合格後、片岡法律事務所入所。
債権回収、相続問題といった一般民事事件から、M&A、事業再生、企業間取引、労務管理、知的財産権などの企業法務まで、数多くの実務に従事する。

平成19年からは慶應義塾大学法科大学院講師(実務家ゼミ担当)及び慶應義塾大学法学研究所講師を務める。

平成21年に汐留パートナーズ法律事務所を開設し、現在に至る。
汐留グループにおいては、クライアントに対するリーガル面でのアドバイザリーサービスを提供している。