国際労務に関するアドバイザリー

海外雇用者や海外企業より二重に給与を受給している従業員の税金、給与計算は日本や海外諸国の法律が適用されるため複雑です。国内で源泉所得税を納める必要があるのか、現地での課税はどうするのか。汐留パートナーズはクライアントの各ニーズに対応した国際労務に関するアドバイザリーサービスを提供しております。

国際労務に関するアドバイザリーサービスの概要

国際労務アドバイザリーサービス

汐留パートナーズでは例えば以下のようなサービスを提供しています。
・国際労務に関する定期的なミーティング
・個別の国際労務事案についてのアドバイス
・英語や中国語で書かれている人事労務関係の書類・規程等の解読
・ビジネスを行う対象国における最新人事労務情報の提供
・その他様々な人事労務サービス(海外赴任規程、外国人労働者雇用、契約書作成、給与設計等)

日本の法制度における国際労務に関する様々な諸制度

日本の法制度内においては例えば以下のような国際労務に関する諸制度があります。汐留パートナーズではこれらの諸制度に関してサービスを提供しています。

(1)脱退一時金

短期で日本に在留する外国人は老齢基礎年金の受給資格期間を満たさずに帰国される方がほとんどです。障害給付や遺族給付も受けることができず、単純に保険料が掛け捨てになってしまうことが、多くの外国人の不満の種になっておりました。そのような方の救済のために、脱退一時金支給制度があります。

(2)海外派遣労働者の労災保険特別加入

労災保険は日本国内の事業所のみに適用され、海外事業所で就労する方には適用されません。しかし、海外の労災保険制度は給付内容や適用範囲が不十分であることも多く、海外派遣労働者の方も日本の労災保険の給付が受けられるようにしたのが海外派遣労働者の特別加入制度です。海外派遣期間中に手続きをし、保険料を納付することで、日本で就労している場合と同じように労災保険の給付を受けることができます。

(3)海外療養費

日本の国民健康保険や社会保険に加入している方が、海外渡航中に病気やケガ等で治療を受けた場合、治療費の一部が帰国後、申請することによって給付される可能性があります。日本国内で保険適用となっている医療行為のみが適用となったり、国内の保健医療機関等で給付される金額を基準として給付額が決定される等の制限はあるものの、海外旅行保険では十分ではない範囲をカバーできる可能性があります。

汐留パートナーズの国際労務に関するアドバイザリーサービスの特徴

フットワークが軽くスピード感をもったご支援が可能

汐留パートナーズは業界では平均年齢が若く、フットワークが軽く行動力のあるスタッフが集まっています。国際労務アドバイザリーを行うにあたって、スピード感は極めて重要です。正確な回答を心掛けつつも、期を逸することのないように、国際労務アドバイザリーにおきましても、スピード感をもったご支援を可能とします。

多言語対応・海外ネットワークによる国際労務アドバイザリーが可能

汐留パートナーズには英語や中国語が堪能なバイリンガルスタッフが多数在籍しておりますので、英語や中国語による国際労務アドバイザリーも可能です。また、汐留パートナーズは、世界150か国に400以上の会計事務所が加入している国際的なファーム「PKF International」に加入しておりますので、国際ネットワークを活用したシームレスな国際労務アドバイザリーを行っています。

クロスボーダー取引・国際労務に関する経験が豊富

クロスボーダー取引や海外進出の増加に伴い、国際労務の重要性はますます増加しています。汐留パートナーズではクロスボーダー取引・国際労務に関して豊富な支援実績を有しております。専門性の高い国際労務の分野についてアドバイザリーサービスをご提供させていただいており、クライアントから絶大な支持をいただいております。

サービスの料金体系

国際労務に関するアドバイザリーサービスの料金体系については想定業務範囲に基づく想定工数から算出した定額方式又はタイムチャージ方式にてお見積をさせていただいております。ご相談事項によっては、定額方式でのご支援が難しい場合もございますが、汐留パートナーズはクライアントのご予算内で費用対効果抜群のサービスをご提供させていただくことをミッションとしています。まずはお気軽に当社コンサルタントまでご相談ください。

海外ネットワークについて

PKF International Limited(PKFI)

汐留パートナーズ税理士法人は、グローバルな視点から会計・ビジネスのアドバイザリーを提供する PKF International(PKFI)メンバーファームの一つです。PKF Internationalは、 1969年にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアのメンバーファームを ベースに発足し、現在では世界主要各都市に拠点を構えています。詳しくは「PKFネットワーク」もご覧下さい。

関連サービス

国際税務に関するアドバイザリー
日本進出に関する税務アドバイザリー
海外進出に関する税務アドバイザリー
納税管理人サービス

関連情報:当社運営サイト

国際税務サービスサイト

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL 03-6228-5505(総合受付)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはフォームをご利用いただきますか、またはinquiry@shiodome.co.jpまでお願いいたします(24時間365日)。日本語のみならず、英語や中国語でのメールもご対応可能ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。担当者がお問い合せ内容を確認次第、すぐにご回答させていただきます。