汐留パートナーズグループ 沖縄事務所のブログ

ありがとう平成、そして、ようこそ令和!

各種年金関係

平成も残りわずかのカウントダウンに入りましたが、如何お過ごしでしょうか。
天皇のご崩御による昭和の終焉とは異なり、譲位による平成の終わりは、祝賀モード全開で“感謝”と“期待”に、春爛漫といったところです。

新元号も無事発表され、来年に迫った東京五輪/パラ五輪関連、はやぶさ2から届くミッション成功の便り等の一方で、10月からの消費増税など大きな話題の影で、実は年金制度も今年は財政検証が行われる改革の年なのです。
なぜ、このような検証が定期的に行われるかというと、現在の国民皆年金制度が始まった1936(昭和21)年の当時は働く世代11.2人が1人の高齢者を支える「胴上げ型」の制度設計でした。その後1985(昭和60)年に基礎年金制度が確立し、その時点では6.6人が1人を支える、まだかろうじて「胴上げ型」といえる状況でした。ところが平成に入り、少子高齢化が相当のスピードで進み、年金制度を支えるかたちも「胴上げ型」から「騎馬戦型」へと激変し、直近では現役世代2人で1人を支える状況にまで発展し、これが2060年には1.3人で1人を支える「肩車型」になることが予測されています。そのため公的年金制度の負担と給付のバランスを保ち、制度を持続可能なものとするために5年ごとに概ね100年先を見通す作業が必要となったわけです。
平成に入ってからすでに9回も年金制度の見直しが行われ、制度間のクレバスに落ちる人がでないよう社会保障のセーフティーネットとして都度、救済措置や特例が生じ、年金制度は非常に複雑な制度に変貌を遂げています。
すでに今年3月に開催された社会保障審議会年金部会で今年度の「財政検証」の基本的な枠組みが公表されています。それらによると令和元年の年金制度改革で注目すべき点は、①年金額ルールの見直し ②短時間勤務者への更なる適用拡大 ③70歳超への受給開始可能期間の拡大と加入年齢の引き上げ などが挙げられますので、財政検証の動向に注視し、年金改革の情報収集のアンテナをたてていきたいと思います。
汐留社会労務士法人では、複雑な制度にもしっかりと対応すべく、士業女子6名のチームで年金相談や請求手続き業務に積極的に取り組んでおりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

平成は皆様にとってどんな時代でしたでしょうか。私にとって平成は四季に例えると、初夏から初秋にかけての活き活きと躍動的な季節だったように今、振り返っております。これからは冬支度に備える晩秋に入りますが、受験生のお守りとしても有名な山香ばしの木のように冬でも葉を落とさず、生涯現役を目指して頑張ろうと決意を新たに令和の時代を迎えたいと思います。いつも最後までお読み下さり、ありがとうございます、これからもよろしくお願いいたします。Homma 🙂

もう季節は春ですが、、、

プライベート

こんにちは。

汐留社会保険労務士法人の矢島です。

最近は気温も上がってきて、季節は春まっさかり。
暦の上では5月にもなれば立夏となり夏も近づいてきております。

ですが、私は雪を求めて毎週末雪山へ足繫く通っております。
そんな話をしていると、

「まだ雪ってあるの?」
「まだ滑れるの?」

そんなことを良く言われます。

ウィンタースポーツのシーズンはだいたい1月~2月がトップシーズンと呼ばれ、
12月~3月まで滑れるところが多いです。
がしかし、雪を追い求めていくと一番早いところで、10月の終わり頃にオープンするスキー場があったり、
5月末頃まで滑れるスキー場があったりします。(真夏でも滑れるスキー場もあるようです・・・)

最近は雪不足が続きオープン日にスキー場が開かなかったり、予定よりも早くクローズしたりと
ウィンタースポーツ好きには大変悲しい状況となっておりますが、今年は4月にも雪が降ったりと、
まだまだ滑れるスキー場があります。

GWでも雪はまだありますので、私はGWも雪山へ行ってこようかと思います。
皆様も素敵なGWをお過ごしください。

矢島

ゴールデンウイーク

未分類

来週末からいよいよゴールデンウイークです。
今回は天皇退位と即位があり、合わせて10日間の連休となります。
公的機関もこれに合わせて、お休みのところも多いので、
御用のある方は早めに対応した方が良さそうですね。

特にお子様や年配の方がいるご家庭は、
連休中に体調を崩して、病院にかかりたいと思っても空いてない可能性もあるので、
咄嗟の場合にも行けるように、休日診療を行っているかを確認しておいた方がいいかもしれません。

ゴールデンウイーク明けもどこの公的機関も混むと予想されるので、皆様余裕も持って行動しましょう。

皆様、楽しいゴールデンウイークを。

yokoyama

月末からの大型連休について(金融機関の対応)

未分類

唐突ではありますが、大型連休を前に
自身の備忘録も含め、特に金融機関の対応について調べてみました。
ご参照頂けると幸いです。

➀ 銀行窓口の営業について
銀行法の定める休業日となることから、連休中は多くの銀行窓口が休み。

➁ 連休中のATMの利用について
基本的には、利用可能。
銀行では連休中もATM内の残高監視や、補填等の対応を行うことにより継続的な稼動に努めるとのこと。
ただ、両替機は連休中に利用可能な銀行が限られる為、連休前にご準備を。

➂ 連休中の振込み等の取扱いについて
提携している金融機関同士であれば、原則、振込の即時入金が可能。
ただし、連休中の海外からの送金については連休明け。

➃ 口座引落とし日の変更
連休中に口座振替日が設定されている場合、口座からの引落日は翌営業日(5月7日)扱い。
予め必要な資金の口座への入金が必要。

➄ 給与振込や口座振替請求等の依頼について
通常持込を依頼している日付が連休中または連休直後となる場合、
持込期限が通常よりも早くなる可能性が高いとのこと。ご注意ください。

➅ 従業員の給与に係る源泉徴収税の納付
4月分の源泉徴収に係る源泉所得税の納付期限は特例を除き、通常通りの翌月10日の期限。
連休明けの混雑を想定して、全国銀行協会ではe-Taxを利用した電子納税を推奨しています。
(e-Taxも4月29日(月)から5月6日(月)はシステムが休止となります。)

➆ その他
連休前に振り出された小切手については、呈示期間が短くなります。

Takemura

年金

未分類

こんにちは

 

東京では桜の開花が早かったので入学式までにはもたないのではないかと心配しましたが、花冷えもあり美しいまま楽しむことができました。

 

先日のことですが、通勤電車で座っていた私は夢中になって本を読んでいました。新橋駅で降りようと思い顔を上げるとマタニティーマークを付けた妊婦さんが立っていてビックリ!

「気が付かずごめんなさい。」と声をかけ降りました。

 

さて、本日は年金についてのお知らせをいたします。

 

□平成31年4月1日より産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。

・対象者:出産日が平成31年2月1日以降で産前産後の期間に国民年金の第1号被保険者の方

・免除期間:出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(多胎妊娠の場合は3か月前から6か月間)

・届出時期:出産予定日の6か月前から(出産後でも届出できます。)

 

□平成31年度の国民年金の保険料が改定されました。

・16,410円(月額)

平成30年度から70円プラスです。

 

□平成31年度の老齢基礎年金の年金額が改定されました。

・780,100円(満額)

・平成30年度から0.1%プラスです。

 

汐留社会保険労務士法人では年金の受給相談や請求手続も承っております。

 

季節の変わり目ですので皆さまお身体お大切になさって下さい。

 

Kasahara

自分の名字に関する珍しい出会い

プライベート

こんにちは。麸沢です。

4月になりようやく暖かくなってきましたが、まだまだ朝晩は寒く、
なかなかコートが手放せませんね。

昨年の話になってしまいますが、自分の名字に関する珍しい出会いをしたので、
今回はそれを書きたいと思います。

私の名字は日本でも数の少ない珍しい名字ですが、
地元ではあまり珍しいと言われたことが無く、大学では下の名前で呼ばれる事が多かったので、
就職で東京に出てくるまであまり自分の名字が珍しいとは思ったことがありませんでした。

そこで自分と同姓同名はいるのか気になったので調べてみましたが、案の定見つかりませんでした。
Google検索の「もしかして」機能も使い、検索を行った結果同姓同名はいませんでしたが、
「麩澤」というお店を発見し、しかも都内にあるとの事で行ってみました。

もしかしたら店長さんとは親戚関係にあるのではないかと思い、
お話を伺ってみたところ全く関係はなく、麩を扱っている為お店の名前に入れたとの事です。

同じくお店の名前が気になり、お店を訪れた数少ない麸沢さんが私の他にも3名程いたらしく、
数少ない名字だからこそこういう出会いもあるんだなと思ったのと、
店長さんが大変喜んでいたので、行ってよかったと思いました。

肝心のお店は生麩の専門店で、おすすめは麩饅頭との事だったので購入してみました。
初めて食べたのですが、生地はとてももっちりしていて、中のこしあんは甘すぎず、
とてもおいしかったです。
和菓子が好きな方は是非召し上がってみてください。

素敵な出会いもあり、おいしいものも発見できた充実した1日になりました。

麸沢

『いっきにわかる!働き方改革』

未分類

こんにちは、河です。

弊社監修の、働き方改革を分かりやすくまとめた本が発刊されました。
『いっきにわかる!働き方改革』

「うちの会社はブラック系だから…」
そんなこと社員に言わせません。

何かお困りのことがあればいつでもご相談ください。

リモートワーク

未分類

こんにちは。
ついに新元号が発表となりました。
新しい時代の始まりを感じ、特に予定もないのですが
なんとなくわくわくした気分になっています。

さて、先日、家族の仕事の都合で
オーストラリアに数日間滞在しました。
シドニーから電車で1時間ほどの街に滞在し、
貴重な時間を過ごすことができました。
親切な人が多く、治安も良い街で、
思い切って行ってよかったと思います。

今回は自分自身でも初めての試みで、
旅先にPCを持って行きリモートワークを行ってみました。
直接コミュニケーションが取れない不便はあったものの、
同じ期間休みを取るよりは負担も少なかったと思います。

在宅勤務、サテライトオフィスの活用を含めたリモートワークは
今後ますます需要が高まってくると思います。
規定例や事例のご紹介などが可能ですので、
ご検討の際はぜひ相談ください。

武藤