医療費控除を利用した節税対策とは?

芸能人やスポーツ選手等の方々は、何といっても体が資本です。病院にかかることもあると思いますし、薬局等で薬を購入することもあると思います。支出した医療費の領収書を1年間集めておくと、確定申告において税金を節税することができます。

(1)医療費控除の内容とは?

芸能人やスポーツ選手等の方々自身又は自身と生計を一緒にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。具体的には、支払った医療費の額から保険金等で補てんされた金額を差し引いた金額が10万円(又は合計所得金額の5%)を超える場合には医療費控除の適用を受けることができます。治療、療養のための医薬品の購入や通院費用も医療費に該当します。

(2)医療費控除の要件とは?

医療費控除の要件としては、芸能人やスポーツ選手等の方々が、ご自身又はご自身と生計を一緒にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であることが必要です。そして、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費である必要があります。領収書を集める期間としては毎年1月~12月ということです。なお、医療費控除は年末調整ではできませんので、必ず確定申告をする必要があります。また、原則として医療費の領収書の添付が必要ですのでしっかりと保存しておきましょう。

(3)医療費控除における留意点とは?

medical-expense

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)となっています。

医療費控除金額=(実際に支払った医療費の合計額-①の金額)-②の金額

①保険金などで補てんされる金額
・生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
・保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

②10万円
・その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

(4)医療費控除における留意点とは?

人間ドックなどの健康診断のための費用、健康増進や疾病予防、容姿を美化するための整形手術等は医療費控除の対象にはならないのでその点は注意が必要です。何が医療費控除の対象となり、何が医療費控除の対象とならないかを判断することはなかなか大変です。お困りの際はお気軽にご相談下さい。ご自身でご自身のことを客観的に説明することはとても難しいと思います。是非、弊社の経験豊富な税理士がお手伝いをさせていただければ光栄です。

ご相談の流れ

お問い合わせ
お問い合わせ
メール又はお電話にてご連絡をお願いいたします。無料相談が難しい事案の場合には、初回相談の報酬等についてお知らせいたします。お気軽にご相談下さい。
ご面談
ご面談
多くの方が当事務所を見てみたいということでご来社いただいてご面談をさせていただくことが多いのですが、ご指定の場所にお伺いすることもできます。電話会議も可能です。
ご提案
ご提案
ご面談を通じて、クライアントの税務に関する課題について共有をさせていただき、支援メニューと解決案に関するご提案をさせていただきます。お見積書をご提示させていただきます。
契約書締結
契約書締結
ご提案内容及びお見積内容に基づいて契約書を作成いたします。内容についてご確認いただいた後に、契約を締結させていただきます。
ご支援開始
ご支援開始
契約締結後、ご提案させていただいた内容をベースとして、柔軟かつ迅速に税務サービス・マネジメント会社設立サービス等を開始いたします。