会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都中央区の【汐留パートナーズ司法書士法人】- 法人設立代行・創業支援

汐留パートナーズ司法書士法人の採用情報

 

「あるくをつくる」

 
 突然ですが、「あるくをつくる」とは何のことだかお分かりになるでしょうか。
これは、汐留パートナーズ司法書士法人の「採用理念」です。

採用理念とは、汐留パートナーズ司法書士法人が人を採用するときにどのような想いで採用をしているのか、そして一緒に働く仲間にどのように成長して欲しいのかその想いを濃縮したものです。
 

あるくをつくりたい

私は司法書士試験合格後、3つの司法書士事務所で、約5年間の勤務経験を経た後に独立開業をしました。

5年間も司法書士業務を行っていると、司法書士の仕事もある程度分かってきますので、多くの業務を自分で行うことができるようになります。

さて5年もの間司法書士業務を経験して、一人で司法書士業務を行えるようになった司法書士が独立開業をするとどうなったでしょうか。

 

仕事がない日々

私は、コネなし、人脈なし、仕事の当てなしで独立開業しました。

そのため、いくら仕事(業務処理)ができるといっても仕事がありませんでしたので、司法書士事務所勤務の経験を活かす場がありませんでした。

ご存知のとおり、今は資格があるというだけで、何もせず待っているだけでは仕事は降ってきません。

つまり、私は司法書士として独立開業をしても一人で歩くことができなかったのです。

考えてみれば当たり前なのですが、仕事を得ることができなければ業務をこなす能力を活かすことはできません。それでも毎月お金は出ていきます。

仕事を獲得する方法や、毎月必要となるお金の額を知っていることは、事務所経営にとても大事なことです。

 

独り立ちできる司法書士を育てる

ここまで読んで、「あるくをつくる」の意味はお分かりいただけましたでしょうか。

「あるくをつくる」とは、汐留パートナーズ司法書士法人を卒業した人が、独立開業をした後に司法書士事務所の経営をしていけるスキルが身に付いている、つまり独りで歩くことができるように成長してもらう事務所を目指していることを表しています。

 

司法書士事務所には様々なタイプがある

司法書士事務所によっては、代表だけではなく従業員である司法書士も営業をするというケースもありますが、その多くは代表が仕事を取ってきて従業員がその事務処理をするというスタイルかもしれません。

このスタイルの事務所で働くと、多くの実務経験を積むことはできますが、仕事を取ってくる方法や事務所のお金の部分について学ぶ機会は少ないでしょう。

もちろん、このような司法書士事務所が悪いというわけではなく、良い点も多くあります。これは良い悪いの話ではありません。

本人がどちらを選択するのか、という選択の話です。

 

汐留パートナーズ司法書士法人が目指している場所

汐留パートナーズ司法書士法人がどのような事務所を目指しているのか、そしてどのようなことを大切にしているのかは次のとおりです。

 

心理的安全性

年齢や性別、汐留パートナーズ司法書士法人へ入所した年や司法書士としての経験年数に関係なく、誰もが気兼ねなく発言をできる環境を大切にしています。

もちろんこれは、誰もが利己的で我儘なことを言って良いという環境ではありません。

他メンバーへの心遣い、配慮そして共感は、誰もが気兼ねなく発言できる環境づくりの基礎となるものだと考えています。

 

チャレンジ精神

各メンバーに予算を組み、それを自由に使っていただきます。

パンフレットを作成したい、セミナーを開催したい、プロジェクト専用のランディングページを作りたい等、基本的には事務所の売上に繋がるものに使っていただくことが前提です。

どうすれば売上が増えるのか、どうすればより社会貢献できるのかを考えていただき実際に行っていただきます。

 

行動することの大切さ

行動してみることによって初めて分かることは多くあり、そのことが大事なことであることは少なくありません。

むしろ、行動することは行動することの前提であったりすると考えています。

司法書士試験合格者や受験生には、いわゆる頭の良い方が多いので、行動する前に色々と考えてしまい行動をするまでに時間を要したり、あるいは結局行動をしないケースというのは少なくないのではないでしょうか。

色々と考えるだけで、良さそうと思ったことも実際にやらなければ非常にもったいないことだと思います。

汐留パートナーズ司法書士法人では、まず「やってみる」という行動を大切にしています。

 

数字の共有

汐留パートナーズ司法書士法人では売上、販管費、利益等の数字を事務所全体で共有しています。

また、どのようなチャネルからどれくらい売上があるのか等も事務所全体で共有しています。

数字の読み方が分からなければお伝えします。

事務所を運営するにはどれくらいの費用がかかるのか、等を数字で実感し、将来独立開業するときの参考にしてください。

 

目標の設定

個々人の目標を設定していただき、その達成を目指していただきます。

どのような事業を行いたいか、あるいは営業をしてみたいかということから、いくらくらい収入が欲しいかという点も含めて設定していただきます。

 

ともに学び、ともに成長

汐留パートナーズ司法書士法人は、多くの学びを提供できるよう努力をしておりますが、学校ではありません。

司法書士事務所としてまだまだ未熟な点が多々ありますので、皆様と一緒に学び、そして一緒に成長できる関係を築きたいと考えています。

 

残業は極力少なく

就職する事務所を探している方にとって、残業の有無は気になる点だと思います。

基本的に、残業はしないようにお願いしています。残業しなくてもいい分、始業前の朝早くに来ていただくということもありません。

労働時間が長くなると作業効率が落ちてしまいますし、新しい発想や面白い発想ができなくなってしまいます。

 

キャリアプラン

あるくをつくるという考え方は、何も汐留パートナーズ司法書士法人に勤務したら独立開業を必ずしなければならない、ということには直結しません。

独立開業する、パートナーになっていただく、勤務司法書士として働く、別の会社に勤務する、別の司法書士事務所・法人に勤務する等、当たり前の話ですが自由です。

しかし、いずれのキャリアを選択するとしても、汐留パートナーズ司法書士法人での勤務経験が今後の役に立つものとなるように私は努めて参ります。

 

汐留パートナーズ司法書士法人の今後

 

「挑戦者が安心して挑戦できる環境の提供」

+

「社会貢献」

 
当事務所は、お陰様で会社・法人登記だけで事務所を運営できるほど、会社・法人登記のご依頼をいただいております。

一方で、会社・法人登記はAIの発達や手続きのデジタル化・簡素化によって、本人申請の割合が増えると言われています。

このような状況において司法書士事務所、特に会社・法人登記特化型の事務所は、今後のビジネスを真剣に考えなければなりません。

 

理念の追求

「挑戦者が安心して挑戦できる環境の提供」をより追求することを考えます。

司法書士として提供できる会社法や会社・法人登記サービスはもちろんのこと、理念を追求すると、本業に集中してもらうために他士業や他業種と連携して、何でもここに聞けば解決するという場の提供まで行きつくのかもしれません。

また、資金的に余裕のないスモールビジネスの事業者に対して、比較的簡単な登記(代表者住所変更登記等)については早く・安く・正確で安全な登記サービスを提供できる何かの作成を検討しています。

 

専門性の追求

AIの発達や手続きのデジタル化・簡素化によってどれくらい会社・法人登記の本人申請の割合が大きくなるかは分かりません。

しかし、新株予約権や種類株式、組織再編その他一定の登記業務については、専門性の高い司法書士に対するニーズは残るものと考えています。

それら登記の関する部分だけでなく、それら登記の周辺知識・経験も高めていくことを追求していきます。

 

社長の辞め方サポート(仮)

社長の辞め方、引継ぎをサポートするサービスを立ち上げます。

当事務所の理念(挑戦者を応援する)に沿い、主に「1」「2」を狙っていきます。

  1. 事業承継支援
  2. 事業の売却、M&A支援
  3. 社長の認知症対策
  4. 社長の相続対策

 

遺贈寄付分野への進出

今後は日本においてより一層「寄付」の文化が広がっていくのではないでしょうか。

経営者と接することが少なくない当事務所、そして相続の分野について専門性のある司法書士という職業は、遺贈寄付に積極的に取り組む者として最適と考えています。(なお、遺贈寄付は一般の方が1円から行うことが可能です。)

通常の登記業務を行うことも、当然のことながら社会貢献に繋がっています。一方で、課題を抱えている分野・業界や、本人が応援したい施設等にお金という形の「想いやり」が循環する社会の構築は、それも大きな社会貢献に繋がります。

希望があれば対応する、ではなく、当事務所は積極的にこの分野に関わっていきます。
 

汐留パートナーズ司法書士法人が求めている司法書士像

当事務所では、これから起業してチャレンジする人や、社会をより便利に変えるサービスを考案・提供するために挑戦しているベンチャー企業に対して、法務面や登記面でのサポートに力を入れています。

司法書士として、自分はプロフェッショナルだという自覚を持ち、プロフェッショナルなサービスを提供できる人を求めております。

汐留パートナーズグループとして、他の士業と一緒に仕事をすることも多いため、税務・労務・特許商標といった感覚も磨かれていきます。

 

当事務所の業務内容

当事務所の業務内容は、現在、次のような割合になっています。

  • 会社・法人登記が8割
  • 不動産登記、相続関係業務が2割

そのため、会社法や会社・法人登記の知識は不可欠となります。

また、いわゆる決済事務所ではないため、不動産の決済に関する経験を積極的に積みたい方は他の司法書士事務所が適しています。なお、2018年は年間で8件程度の決済案件がありました。

 

HPからの問い合わせとコンサルティングスキル

当事務所には、ホームページを見た個人様・法人様からの問い合わせが一定数あります。

司法書士事務所によくある、不動産会社や税理士等からの登記案件の紹介と異なり、直接クライアントから現状と要望をヒアリングするところからスタートします。

専門知識が無ければそもそも対応することが難しいことはもちろんのこと、クライアントから信頼を得る能力や問題解決能力、相手との交渉力も求められます。

 

募集要項

応募資格司法書士登録者
司法書士有資格者
(司法書士業務経験者及び社会人経験者は優遇します。)
業務内容商業・法人登記に関する業務
相続に関する業務
不動産登記に関する業務
裁判所提出書類作成に関する業務
上記に付随する業務
(訴訟代理、債務整理、過払金、自己破産等に関する業務は行っていません。)
待遇正社員(6ヶ月の試用期間があります。)
月給30万円以上(月20時間のみなし残業代を含む、超過分の残業代支給)
賞与年2回
昇給年1回
売上貢献に応じたインセンティブ制度有り
勤務地東京都中央区銀座7-13-8 第2丸高ビル4階
勤務時間8:00-10:00の間に出勤し、出勤時から9時間
(休憩60分、実働8時間)
休日土日祝日
休暇年末年始休暇
年次有給休暇
夏季休暇(有給休暇とは別の休暇です)
社会保険健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
その他健康診断
退職金制度
産休・育児時短勤務
司法書士登録費・年会費事務所負担
トイレ男女別
健康サポート
- よもぎ蒸し、月1回利用可、≫RI RA CO Aroma&Bodycareで受けられます。
- 未病診断チェック(Health Quality Control Check)
- 5種類の漢方茶を自由に飲むことができます。

応募方法

  1. 下記のお問い合わせページより、まずは応募希望の旨をご連絡ください。
    ≫お問い合わせページ
  2. 当事務所よりメールで返信をいたします。
  3. 上記「2」のメールの返信として履歴書、職務経歴書をお送りください。
  4. 書類選考をいたします。
  5. 面接をいたします(一次面接、二次面接)。
  6. 結果のご連絡をいたします。

汐留パートナーズ司法書士法人では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


 

ご相談・お問い合わせは
こちらからどうぞ

お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階