会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都中央区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

代表司法書士 石川宗徳の 所長ブログ&コラム

2020/06/03 商業登記関係

理事会を置く一般社団法人の役員が、書面決議だけで全員重任するときの手続き

役員の任期と再任 理事及び監事(ここでは、合わせて「役員」といいます)には任期があり、任期が満了すると退任します。 ≫一般社団法人・一般財団法人の理事・監事の任期 役員の任期が満了するときは、その終了をもって任期が満了す […]

, , , , ,


2020/05/30 商業登記関係

利用しやすくなった?テレビ電話による定款認証制度を利用してみました

株式会社の設立と定款認証 株式会社を設立するためには、公証人に定款を認証してもらう必要があります。 多くの場合、公証役場に人が行き、公証人の面前で定款を認証してもらう方法が採用されていたかと思います。 定款を認証してもら […]


2020/05/29 商業登記関係

取締役会を置く株式会社の役員が、書面決議だけで全員重任するときの手続き

役員の任期と再任 取締役及び監査役(ここでは、合わせて「役員」といいます)には任期があり、任期が満了すると退任します。 ≫取締役、監査役の任期の計算方法 役員の任期が満了するときは、その終了をもって任期が満了することにな […]

, , , ,


2020/05/28 商業登記関係

発行可能株式総数=発行済株式数とするメリット・デメリット

発行可能株式総数 株式会社は、成立までに発行可能株式総数を定款に定めなければならず(会社法第37条1項)、定款を変更して発行可能株式総数についての定めを廃止することができません(会社法第113条1項)。 ≫株式会社におけ […]


2020/05/26 商業登記関係

一般社団法人の理事、監事全員が重任(再任)するときの手続きと登記

役員の任期と再任手続き 一般社団法人の理事と監事(以下、併せて「役員」といいます)には任期があり、任期を満了した役員は退任することになります。 そのため、役員の任期を把握しておくことは一般社団法人において大切な事項です。 […]

, , ,


2020/05/24 商業登記関係

取締役2名のうち代表権を有する取締役が辞任するときの登記手続き

取締役の変更と登記 株式会社においては取締役の氏名及び代表取締役の住所・氏名が登記事項とされています。 取締役及び代表取締役に変更が生じたときは、それが生じた時から2週間以内に登記申請をします(会社法第915条1項)。 […]


2020/05/10 商業登記関係

行使期間の過ぎている新株予約権の登記、残っていませんか?その登記を抹消する方法

新株予約権と行使期間 新株予約権を発行するときは、その内容として「当該新株予約権を行使することができる期間」を定めます(会社法第236条1項4号)。 新株予約権の行使期間は、一般的には 2012年5月1日から2020年4 […]


2020/04/25 商業登記関係

取締役会の決議を書面又は電磁的記録で行う準備はできていますか?

取締役会の書面決議 取締役会は、一堂に会して行うことが一般的です。 少なくとも、3ヶ月に1回以上、自己の職務の執行の状況を取締役会に報告しなければならないとされている一方で(会社法第363条2項)、その頻度以上に定期的に […]


2020/04/23 商業登記関係

Foreign Company and change registration of the amount of stated capital

In order to run the business continuously in Japan, the registration as Foreign Company should be made (Articl […]

,


2020/04/22 商業登記関係

株主総会における書面決議、書面投票制度、議決権の代理行使

臨時株主総会と定時株主総会 株式会社において、定時株主総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならず(会社法第296条1項)、臨時株主総会は、いつでも招集することができます(会社法第296条2項)。 例年であ […]


2020/04/19 商業登記関係

テレビ電話機能を利用した電子定款の認証が利用しやすくなる?

会社・法人設立と定款認証 株式会社、一般社団法人及び一般財団法人を設立するときは、公証人に定款を認証してもらう必要があります。 定款は、紙で作成されたものであると収入印紙4万円を貼付しなければならないため、電子定款を利用 […]


2020/04/18 商業登記関係

電子公告調査機関のうち、一社の電子公告調査サービスの新規登録と一部サービスの休止

電子公告調査機関 会社は、公告方法として、次に掲げる方法のいずれかを定款で定めることができます(会社法第939条1項)。 官報に掲載する方法 時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法 電子公告 電子公告をする会 […]


2020/04/15 商業登記関係

取締役会の決議(取締役の決定)で株主総会の招集を決定する手続き

株主総会の開催 株式会社において、定時株主総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならず(会社法第296条1項)、臨時株主総会は、いつでも招集することができます(会社法第296条2項)。 株主総会は、株主が裁 […]


【相談事例】定時株主総会関連書類を英語で作成して欲しい

定時株主総会の開催 株式会社において、定時株主総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければなりません(会社法第296条1項)。 多くの会社においては、この「一定の時期」を3ヶ月以内と定款に定めているのではないでし […]


2020/04/12 商業登記関係

ベンチャー企業への投資における残余財産分配優先権とみなし清算条項

残余財産分配の優先権 株式会社は残余財産の分配について内容の異なる2以上の種類の株式を発行することができます(会社法第108条1項2号)。 残余財産の分配について内容の異なる2以上の種類の株式は、残余財産の分配において一 […]

,


2020/04/11 商業登記関係

東京法務局各庁では商業・法人登記の完了まで2週間~1ヶ月以上かかります(2020年4月11日現在)

登記申請と完了予定日 商業・法人登記は、登記申請をしたときにすぐにその内容が登記簿に反映されるわけではなく、その申請をした法務局において審査がされます(不動産登記についても同様です)。 そのため、登記申請をしてからその審 […]


2020/04/04 商業登記関係

取締役2名の特例有限会社において、取締役1名が死亡した場合の登記手続き

取締役の死亡と登記 特例有限会社においては、取締役の氏名及び住所が登記事項とされています。 また、代表取締役を置いたときは代表取締役の氏名も登記事項です。 ≫特例有限会社は代表者でも「取締役」?代表者なら「代表取締役」で […]

,


2020/03/29 商業登記関係

令和2年(2020年)4月1日時点で任期が切れている取締役・監査役はいつ選任された人?

取締役・監査役の任期 株式会社の取締役・監査役には任期があり、任期が満了すると退任します。 当該取締役・監査役が継続して役員に就くのであれば、任期が到来するときに再度選任の手続きを行う必要があります。 取締役・監査役の任 […]

,


2020/03/28 商業登記関係

【運用変更】役員全員の解任登記の申請があった場合、登記完了後に本店へ連絡がされるようになりました

取締役の解任 株式会社の役員及び会計監査人は、いつでも、株主総会の決議によって解任することができます(会社法第339条1項)。 この株主総会の決議要件は特殊普通決議です(会社法第341条)。 特殊普通決議は、定款に別段の […]

,


2020/03/14 商業登記関係

株式会社が株主総会の決議によって剰余金を配当するときの手続き

剰余金の配当 株式会社及び特例有限会社は、その株主に対し、剰余金の配当をすることができます(会社法第453条)。 なお、株式会社が自己株式を保有している場合、当該株式会社自身に対して剰余金の配当をすることはできません。 […]

, ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

東京汐留相続サポートセンター