目の前の問題に対しその原因を分析し解決策を考えて実行する

最近、IT化、グローバル化をはじめ、あらゆるものが変わりすぎていて恐怖を感じます。でも同時にワクワクしています。変ですかね?(笑)皆さんはいかがでしょうか?

日々置かれている環境に不満や愚痴を言う前に能動的に行動してみてはいかがでしょうか?世界や日本を変えるのは並大抵の事ではないですが、自らが所属するコミュニティや課題の1つ1つを変えてクリアしていくことは必ずできるはずです。

昔話になりますが、以前私は従弟に厳しいことを言ったことがありました( ˘ω˘ )

従弟は汐留パートナーズにてアルバイトで働きつつ公認会計士試験に合格しました。就職氷河期でしたが、頑張って何とか大手監査法人に入りました。そして超一流企業のクライアントを担当して日々成長していました。

しかしながら、監査法人勤務の会計士が皆そうとは限りませんが、その典型例のように、就職して最初のうちは会う度愚痴が多く、他人のせいにするネガティブな感じでした。その時私は言ってしまいました。

「大学も自分で選んで入学し、公認会計士になるって決めて勉強して合格し、大手監査法人に入るって決めて就職し・・・すべて自分で選んだ道だろう!誰のせいでもない!」

いやぁー怖いですね(笑)活字にするとまるで死の宣告のような・・・(”Д”)ちょっと過激な意見でこんな厳しい発言は親族にしか言えない・・・。社内では言えない・・・(笑)今彼は見違えるように充実したワーク&ライフを満喫しているようです。変わっていい男になったなぁと感じました☺

江戸時代やそれ以前は、あまりにバックグラウンドが重要すぎて、豊臣秀吉のような事例を除けば下克上はまれでした。明治時代に入っても、なかなか一般の人々が自らの立ち位置や状況を変えることは難しい時代が続きました。

しかしながら、インターネットが普及し誰でも努力次第で必要な情報を必要な時に無料で入手できる時代になりました。これにより、情報の非対称性は急速に小さくなり、これまで情報の非対称性で利益を上げていた産業はだいぶ苦しくなることとなります。税理士業もその1つです。

他国に目を向けるとカースト制度に長らく支配された、あるいは、今も支配されているインドでは新しい現状があります。IT産業というカースト制度には規定のない職業が登場したのです。それにより、ITによりカーストを飛び越えた一発逆転もできる時代となりました。

もちろん、貧困の悪循環という言葉があって、貧困が親から子供に引き継がれる「貧困の連鎖」が課題ともいわれます。貧困が貧困を生む現実があるのも事実です。しかしながら、昔よりは努力次第で何かを成し遂げられる時代が到来しているのではないかと思います。自己実現を自分の力でしやすくなっているのです。

大きなことは私自身も難しいです。でも目の前にある小さな問題に対して、その原因を分析し、その解決策を考えて実行する。この繰り返しが仕事やプライベートを充実させる1つのプロセスではないでしょうか。Let’s go to the active!(^_-)-☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

別の人格となって表に現れる「解離性同一性障害」

解離性同一性障害は、wikipediaによると「解離性障害は、本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。」とあります。

かつては多重人格障害と呼ばれていたようです。ある人格が現れている時には、別の人格の時の記憶がないことが多い・・・生活面での様々な支障が出てきますね。あまりにもつらすぎる体験を自分自身から切り離そうとするために起きてしまう一種の防衛反応のようです。

最近見たテレビドラマ「愛してたって秘密はある」(日本テレビ)の主人公である福士蒼汰が二重人格、かなり重い症状のようなので解離性同一性障害であるという最終回でした。また豊田真由子議員が「違うだろ、この、ハゲ~っ!」と罵声を浴びせた事案も、本人の謝罪会見を見る限りは、自分の思うようにいかない時にヒステリックになってしまう一種の解離性障害なのではと思ったりします。

物事には色々な見方があると思います。私たちが見ている月の裏側が違う顔をしているように。例えば何かの障害を抱えている人がいた時、その障害についてもし知らなければ、きっとすごくその人に対してネガティブな印象を持ってしまうことでしょう。しかしながら、障害を持ちながら一生懸命頑張って何とか歯を食いしばって活躍しているとすれば、それは称賛に値することでしょう。

真実は我々にはわかりませんし、知る必要もありませんが、豊田議員には小学生のお子さんがいらっしゃるとか。家族や利害関係者はきっとつらい状況だと思うので、広い心をもって日々生きていきたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PREMIUM STATUS 10年記念パーティー

ビジネスの話

昨日はPREMIUM STATUS 10年記念1000人婚活パーティーでした。「婚活・街コン推進議員連盟」の会長でもある三原じゅん子議員にもご祝辞を頂きました。まだ婚カツという言葉がなかった会社設立時からフュージョン&リレーションズ社にジョインさせていただき、あれから10年というのは非常に感慨深いものがあります。

婚活を応援する社会風潮を作るべくこれからもライフワークの1つとして各種頑張ります。

PREMIUM STATUS 運営会社
会社名:株式会社フュージョン アンド リレーションズ
会社設立:2007年7月17日
ミッション:仕事を頑張っている男女のプライベートを充実させ、豊かな人生を過ごすお手伝いをすること
URL:http://www.fandr.jp/

サービス一覧 ※尖ったサービスが特徴ww
プレミアムステイタス
立食フリー形式の婚活・恋活パーティー
ミスター&ミス
写真審査通過者限定のマッチングサービス
プレミアムメンバーズ
写真審査通過者限定の結婚相手紹介サービス
自衛隊クラブ
20代中心自衛隊員・防衛生大生限定
自衛隊ブライダル
30代中心自衛隊員限定婚活サービス
自衛隊ベストボディ部
自衛隊員・防衛大生限定の美ボディコンテスト&サークル
ダブルプレミアム
客室乗務員(CA)vsハイステイタス男性
ブリーズクラブ
男性30代40代中心社会人サークル
プレミアムエリート
年収1000万円以上vs審査通過28歳以下女性
フュージョンパーティー&ブライダル
1年以内婚約結婚希望者向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラシックコンサート

本日はクラシックのコンサートにお伺いしてきました。あまり芸術等に触れる機会がない私ですが、休日に良き癒しの時間を頂きました。以前クリスマスに代表社員の税理士佐藤に第九を聞くため連れていってもらって以来です。4年ぶりとかです。なかなかきっかけがないと能動的に動けないものです。

思い返せば、今までクラシック音楽、美術、骨董等にも触れる機会はすごく少なかったです。泥んこになりながら遊んで走って、その後大学に進学して会計士になった人生でした。会計士になってからもお酒、麻雀、ゴルフが三種の神器と、芸術からは程遠い道を歩んでまいりました。

ベーシックインカムが当たり前の時代にもしなっちゃうと、芸術やエンタメがメインの時代になるのかもしれません。そんな時代が本当に来るのかはわかりませんが^^;
職業柄色々な分野の方々とお会いすることは多いはずなので、何事にも関心を持っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロゴルファー李知姫(イチヒ)選手の3億円申告もれ

ビジネスの話

弊社はプロゴルファーの方々の確定申告や税務顧問サービスをご提供しておりますが、2015年の女子プロゴルファー李知姫(イチヒ)選手の3億円の申告漏れは記憶に新しいところです。李知姫選手は関西を拠点に活動する韓国出身の女子プロゴルファーです。所属先は眞露ジャパンを経て現在フリーとなっています。

--------------------------------------------------

韓国出身の女子プロゴルファーで、日本ツアーで活躍する李知姫(イ・チヒ)選手(36)が大阪国税局の税務調査を受け、2013年分までの5年間で約3億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。日韓で得た所得を韓国で申告していたが、国税局から日本の居住者に当たり、日本で納税義務があると判断された。既に源泉所得税を天引きされていたため、無申告加算税を含めた追徴税額は約2000万円にとどまり、既に納付したという。毎日新聞2015年12月9日 08時20分(最終更新 12月9日 08時20分)

--------------------------------------------------

ビジネスマンに限らず、プロスポーツ選手も芸能人も、所得は日本だけではなく全世界で稼得されるのが当たり前の時代となってまいりました。プロゴルファーはプロスポーツ選手であり、個人事業主として活動をしているのであれば当然確定申告を行わなければなりません。

李知姫選手の事例では、李選手が韓国籍であったことから、日本で獲得した賞金やスポンサー収入について、日本で所得税の確定申告をせず、韓国で申告していたようです。しかしながら、日本では居住者となった場合、国籍を問わず確定申告の義務を負うことになります。納税義務があると認定されたとのことでした。

日本の所得税法では、「居住者」と「非居住者」について以下のように定義しています。

「居住者」とは、国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定する。

日本人が海外で暮らす場合、また、外国人が日本で暮らす場合、日本の居住者になるのか非居住者になるのかの認定は非常に難しいのが実情です。税法上の居住者は、生活の本拠が日本にある否かを、例えば、滞在日数、住居や、職業、資産の所在、親族の居住状況、国籍等の客観的事実によって判断されます。滞在日数のみによって判断されるものではないことから、外国に1年の半分である183日以上滞在していたとしても日本での居住者となる場合がありますし、その逆もまた然りです。

李知姫選手は2001年から日本ツアーに参加してますので韓国プロ選手の中でも日本での活動期間が長い選手の一人です。そのようなことも背景にあったのかもしれません。今後、様々な経済活動がローバル化していくにあたり、「生活の拠点」という概念は非常に難しいですが、今後注目を浴びてくるところでしょう。

--------------------------------------------------

【参考】タックスアンサー No.2875 居住者と非居住者の区分
我が国の所得税法では、「居住者」とは、国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいい、「居住者」以外の個人を「非居住者」と規定しています。「住所」は、「個人の生活の本拠」をいい、「生活の本拠」かどうかは「客観的事実によって判定する」ことになります。したがって、「住所」は、その人の生活の中心がどこかで判定されます。ある人の滞在地が2か国以上にわたる場合に、その住所がどこにあるかを判定するためには、職務内容や契約等を基に「住所の推定」を行うことになります。「居所」は、「その人の生活の本拠ではないが、その人が現実に居住している場所」とされています。法人については、本店所在地主義により、内国法人又は外国法人の判定が行われます。

--------------------------------------------------

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京アメリカンクラブにて

先日は東京アメリカンクラブ(Tokyo American Club)のメンバーの方にご招待いただきランチをご一緒させていただきました。東京アメリカンクラブは、1928年に設立された日本の会員制社交クラブとのことで歴史ある素晴らしいところです。スタッフや客は外国人がほとんどで日本ではない感じです。

様々なコンセプトのオシャレなレストランをはじめ、大きな宴会場、図書館、充実したフィットネスジム、大小のスイミングプール、スパ、スポーツコートなど様々な施設とサービスで充実しています。

週末は東京アメリカンクラブで過ごすという外国人ファミリーはとても多いようでとても素敵だなぁと感じました。こういうインターナショナルコミュニティーはさすが港区ならではの施設だなと感じます。東京にも会員制クラブはいろいろあるとは思いますが、ココは唯一無二の存在感です。

Tokyo American Club
〒106-0041 東京都港区麻布台2丁目1−2
URL:https://www.tokyoamericanclub.org/index.php/en/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年度リクルート☆税理士法人に新メンバー加入

本日から4名の新メンバーが税理士法人に加入いたしました。税理士法人に加入したメンバーは4人とも税理士を目指す方々です。

大原簿記専門学校での合同就職説明会で良い方々に出会えました。関係者の皆様に感謝(^_^)ありがとうございます。

実はまだ面接がございましてもう数名の方に入社していただくかもしれませんが、いずれにしても強力なメンバーがジョインしてくれましたので、さらに良いサービスをご提供できるように研鑽して参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「会計事務所」「税理士事務所」「税理士法人」は何が違うのか?

「会計事務所」「税理士事務所」「税理士法人」は何が違うのでしょうか?というご質問をいただくことがあります。

・税理士と公認会計士の違いは?
 →それぞれ独占業務が異なる

・税理士事務所と会計事務所の違いは?
 →単なるネーミングにすぎない

・会計事務所・税理士事務所と税理士法人の違いは?
 →会社運営体制が大きく異なる

・税理士法人のメリットや特徴とは?
 →支店化・組織的運営

などについて、会計事務所と税理士法人の違いとは?というコラムで解説させていただいております。個人的には、しっかりと責任をもってサービスを提供していくにあたっては、個人事務所では厳しい時代が到来しており、これから多くの事務所が税理士法人化し、一方で個人事務所は後継者不足により廃業ないし事業承継をしていくものと感じています。

汐留パートナーズは税理士法人としてしっかりと組織経営を行って、スタッフ皆が安心してお仕事をできるように、お客様に安心していただけるクオリティのサービスを提供できるように精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドライバーを頂きました!

なかなかスコアが改善しない私のために代表社員/税理士の佐藤が曲がらないドライバーをプレゼントしてくれました⛳

テーラーメイドのM2というもので、私はあまりアイテムに詳しくないのですが、とても良いクラブとのことで恐縮です。。

これでダメだったら・・。汐留Pにはベストスコア65のメンバーはじめ猛者が多いのでこの比較的閑散期に頑張りたいと思います。

今度汐留パートナーズにベストスコア85の新人も入社してきます。焦ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リクルートページでのインタビューページ更新

ビジネスの話

『汐留パートナーズ税理士法人を選んだ理由・魅力』についてスタッフのインタビューページが更新されています。

皆めちゃカッコいい!役員よりもはるかにカッコイイ写真に脱帽(笑)光の加減か実年齢よりもだいぶ上に見えるかも。

今年もよいメンバーと出会えますように(^_^)

http://recruit.shiodome.co.jp/interview2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る