住民税の計算間違いに気づいてしまった!

ビジネスの話

juminzei.jpg

私は東京都港区に住んでいますが、住民税(区民税)の計算がおかしいなと思って再計算しましたが、何度計算しても間違ってます。

具体的にはふるさと納税の控除です。これはふるさと納税を楽しみに行っている多くの納税者のためにも絶対解明しないといけないと思い、区役所に電話をしてみたらやはり納税額の計算間違いとのことでした。

ふるさと納税として寄付しているのに、控除できていなくて税金を多く支払ってしまうところでした。これではただ寄付をしているようなものです。

『賦課決定方式による課税は絶対に間違ってはいけない。正しく課税する能力がなければ課税してはいけない。』と思うんです。

ところが、詳しいお話をお聞きすると、課税部門の税額計算フローのうち、「寄付金控除」については、内部統制がきいておらず、システム対応・自動計算も不十分、ダブルチェックやトリプルチェックも行われているとは言いがたい状況でした。

公認会計士の視点からすると、「内部統制に重要な欠陥あり!」

私は以後ふるさと納税を行っている方にお会いした時には、住民税がちゃんと控除されていることまで確認しましょうね、とお伝えすることにしました。

東京都港区でこのチェックレベルですと、日本全国小規模の市区町村ではもっと間違いが続出しているのでは・・・?

今年平成27年度よりふるさと納税枠が約2倍となっておりますので、ここで注意喚起をさせていただきます。

お客様で何かご不明な点がございましたら、汐留パートナーズ税理士法人の選任担当者までお気軽にご相談下さい^^


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る