グローバル会計ネットワークのランキングと日本での提携状況

本日は、グローバルに会計税務サービスを提供する国際会計ネットワークのランキングと、日本でどのような事務所が提携関係にあるのかについてまとめてみたいと思います。日本では諸外国と異なり、業法の関係で提携先が複数ある場合があるため、少しわかりずらくなっております。

汐留パートナーズグループも国際的な会計ファームであるPKFに加入したため、このまとめ表は自身のためにも、そしてこの業界でお仕事をする会計人にも役立つ情報になっていると思います。PKFは世界第15位となっております(2017年度)

【会計ネットワークランキング2017】

1 Deloitte(デロイト)
  有限責任監査法人トーマツ/デロイトトーマツ税理士法人
2 PWC(プライスウォーターハウスクーパース)
  PwCあらた有限責任監査法人/PwC京都監査法人/PwC税理士法人
3 EY(アーンスト・アンド・ヤング)
  EY新日本有限責任監査法人/EY税理士法人
4 KPMG(ケーピーエムジー)
  有限責任あずさ監査法人 KPMG税理士法人
5 BDO International(ビーディーオー)
  BDO三優監査法人/BDO税理士法人
6 RSM(アールエスエム)
  RSM清和監査法人/税理士法人東京クロスボーダーズ/㈱RSM東京共同FAS
7 Grant Thornton(グラントソントン)
  太陽有限責任監査法人/太陽グラントソントン税理士法人
8 Crowe Horwath(クロウ・ホーワス)
  東陽監査法人/税理士法人渡邊芳樹事務所
9 Nexia Internatonal(ネクシア・インターナショナル)
  仰星監査法人/仰星税理士法人
10 Baker Tilly Internatonal(ベーカーティリー・インターナショナル)
  監査法人日本橋事務所/監査法人グラヴィタス/如水監査法人
  ベーカーティリージャパン税理士法人/BTJ税理士法人/クリフィックス税理士法人
11 Moore Stephens International(ムーア・スティーブンス)
  至誠清新監査法人
12 HLB International(エイチエルビー・インターナショナル)
  明誠有限責任監査法人/協立監査法人/税理士法人髙野総合会計事務所
13 Kreston International(クレストン・インターナショナル)
  明治アーク監査法人/OC & Associates株式会社
14 Mazars(マザー)
  Mazars WB監査法人/MAZARS税理士法人
15 PKF International(ピーケーエフ・インターナショナル)
  ひびき監査法人/汐留パートナーズ税理士法人
16 UHY Interenational(ユーエイチワイ・インターナショナル)
  UHY東京監査法人/UHY税理士法人
17 SFAI(Santa Fe Associates Internationa)(サンタフェ・アソシエイツ・インターナショナル)
18 Pan-China International(パン・チャイナ・インターナショナル)
19 Russell Bedford International(ラッセル・ベッドフォード・インターナショナル)
20 MGI Worldwide(エムジーアイ・ワールドワイド)
  清友監査法人

インターネットからの情報のため上記で網羅できていない部分もあるかもしれませんが、業界勢力図のようなものが見えてくるかと思います。

PKFも最近グローバルに拡大を続けており、現在世界140カ国400以上の拠点でクロスボーダーにサービスを提供しています。今後Top10入りできるように汐留パートナーズも日本での積極的な事業拡大を進めてまいりたいと存じます。

【まとめ表】
International Accounting Bulletin World Servey-Feb2017

順位ネットワーク名(英語)ネットワーク名(カタカナ)日本での監査業務提供ファーム日本での税務業務提供ファーム備考
1Deloitteデロイト有限責任監査法人トーマツデロイト トーマツ税理士法人
2PWCプライスウォーターハウスクーパースPwCあらた有限責任監査法人/PwC京都監査法人PwC税理士法人
3EYアーンスト・アンド・ヤングEY新日本有限責任監査法人EY税理士法人
4KPMGケーピーエムジー有限責任あずさ監査法人KPMG税理士法人
5BDO International ビーディーオーBDO三優監査法人BDO税理士法人
6RSMアールエスエムRSM清和監査法人税理士法人東京クロスボーダーズ㈱RSM東京共同FASがアドバイザリー業務を提供
7Grant Thorntonグラントソントン太陽有限責任監査法人太陽グラントソントン税理士法人
8Crowe Horwathクロウ・ホーワス東陽監査法人税理士法人渡邊芳樹事務所2018年6月までは優成監査法人、2018年7月からは東陽監査法人
9Nexia Internatonalネクシア・インターナショナル仰星監査法人仰星税理士法人
10Baker Tilly Internatonalベーカーティリー・インターナショナル監査法人日本橋事務所/監査法人グラヴィタス/如水監査法人ベーカーティリージャパン税理士法人/BTJ税理士法人BTJ(Baker Tilly Japan)にのみ加盟している監査法人は他に監査法人薄衣佐吉事務所・千代田国際公認会計士共同事務所・慶朋監査法人・赤坂有限責任監査法人の4法人
BTJにのみ加盟している税理士法人はクリフィックス税理士法人
11Moore Stephens Internationalムーア・スティーブンス至誠清新監査法人なし
12HLB Internationalエイチエルビー・インターナショナル明誠有限責任監査法人/協立監査法人税理士法人髙野総合会計事務所
13Kreston Internationalクレストン・インターナショナル明治アーク監査法人OC & Associates株式会社OC & Associates株式会社は提携税理士が税務業務を提供
14MazarsマザーMazars WB監査法人MAZARS税理士法人
15PKF Internationalピーケーエフ・インターナショナルひびき監査法人汐留パートナーズ税理士法人
16UHY Interenationalユーエイチワイ・インターナショナルUHY東京監査法人UHY税理士法人
17SFAI(Santa Fe Associates Internationa)サンタフェ・アソシエイツ・インターナショナルなしなし
18Pan-China Internationalパン・チャイナ・インターナショナルなしなし
19Russell Bedford Internationalラッセル・ベッドフォード・インターナショナルなしなし
20MGI Worldwideエムジーアイ・ワールドワイド清友監査法人なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は公認会計士の日です。

7月6日は、公認会計士の日です。

「日本公認会計士協会では、昭和23年7月6日に公認会計士法が公布されたことを記念し、この日を「公認会計士の日」と定めております。」とのことです。(日本公認会計士協会HPより)

以前EYにいた時には、ちょうど公認会計士の日に法人設立記念日が重なり、休みを取ってこのあたり閑散期ゆえよく旅行に行っていたなぁと思いだしました。暑い日が続いておりますが、皆様、どうぞお体ご自愛くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PKF International(ピーケーエフ・インターナショナル)とは?

PKF International(ピーケーエフ・インターナショナル)とは、世界第15位(International Accounting Bulletin World Servey – Feb 2017)にランクインする国際的な会計事務所連合です。世界にはBIG4を始めとした多くの会計ネットワークがありますがPKFのその中の1つです。

当グループの「汐留パートナーズ株式会社」、「汐留パートナーズ税理士法人」、「汐留行政書士法人」の3法人は、2018年6月1日にPKFに加入することとなりました。汐留パートナーズも国内上位のプロフェッショナル集団と認められたということで、自信と責任をもち精進してまいります。

PKFはメンバーファームを“Family(家族)“と考えていますが、その点は汐留パートナーズも同じです。『従業員と家族の幸せを大切にする』という経営理念を掲げており、共に仕事をするメンバーとその家族までを“広義の家族”と考えています。

PKF加入により、今後より一層、国内外のクライアントへ常に企業価値最大化のベストプラクティスをご提案し、実現してまいります。

【PKFの概要】

(1)名称:PKF International
(2)設立年:1969年
(3)本部所在地:イギリス ロンドン
(4)創設事務所:
 Pannell Fitzpatrick & Co (UK)
 Harris, Kerr, Forster & Co (USA)
 Campbell, Sharp, Nash & Field (Canada)
 Wilson, Bishop, Bowes & Craig (Australia)
(5)主要サービス:
 Assurance(保証業務)
 Taxation(税務業務)
 Advisory(アドバイザリー業務)
 Business Solutions(経営コンサルティング業務)
 Corporate Finance(コーポレートファイナンス業務)
(6)拠点・リージョン:
 世界150カ国以上拠点440以上
 5つのエリア
 ・Asia Pacific
 ・Europe, Middle East and Indian sub-continent
 ・North America and Caribbean
 ・Latin America
 ・Africa
(7)URL:https://www.pkf.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

連結納税の導入支援サービス

ビジネスの話

弊社では「連結納税」のお仕事を担当させていただく機会が増えつつあります。

業務の内容としては、
①現在連結納税を導入されているお客様の税務申告業務
②これから連結納税を導入するお客様の導入支援サービス
になります。

連結納税とは、複数の企業からなる連結グループが、「連結法人税」として税金を計算し、申告・納付する方法です。

日本の法人税法は世界的にもかなり難しいと言われ、さらにそんな中でも連結納税となると、移転価格税制、タックスヘイブン税制、外国税額控除などと並ぶ難関領域です。

詳細なところまで記載してある書籍も少ない中、弊事務所はこの数年間でかなりのノウハウを蓄積しました。グループ企業に、赤字の会社と黒字の会社がある場合、繰越欠損金をたくさん抱えている場合など、大きく節税ができる場合がありますので、もしお心当たりの方はお気軽にご連絡下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

汐留パートナーズ福利厚生施設(保養所)のご紹介

汐留パートナーズ株式会社はハワイビジネスを手掛けていることもありまして、汐留パートナーズ株式会社の役員、従業員及びその家族の福利厚生施設として、親睦保養の目的に当てるためハワイに福利厚生施設を有しています。

1.イリカイホテル&ラグジュアリー スイート

所在地:1777 Ala Moana Blvd, Honolulu, Hawaii 96815 アメリカ合衆国
URL:https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/

イリカイ・ホテル・アンド・ラグジュアリー・スイーツは歴史あるコンドミニアムです。オーシャンビューやシティービューを楽しむことができます。アラモアナショッピングセンターがとても近くて、アラワイヨットハーバーも目前なのでアクセス抜群の立地となっています。お部屋にはフルキッチンが常備されていまして、電子レンジや冷蔵庫もあります。滞在中に料理を楽しみたいという人にもおすすめのコンドミニアムです。また、プールやフィットネスクラブも充実しています。

サレントズトップオブザアイというイタリアンを楽しめるレストランが屋上にあります。そこからの眺めもとてもよくて人気があります。本格的な石釜ピザを堪能することができますし、上質なワインを楽しむこともできます。ワイキキビーチも近いのでハワイの観光目的の方には最適です。ワイキキエリアを無料で行き来できるシャトルバスのサービスも利用することができます。

2.トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ

所在地:223 Saratoga Road, Honolulu, Hawaii 96815 アメリカ合衆国
URL:http://www.aquahospitality.jp/hotels/aqua/ilikai/

トランプ・インターナショナル・ワイキキビーチウォークは、アメリカ合衆国大統領としても有名なドナルド・トランプ氏が展開するホテル・トランプが開発したホテル・コンドミニアムです。場所はワイキキビーチから数分の繁華街に位置しておりましてショッピングや観光に便利です。

完成したのは2009年で白を基調としたシンプルでスタイリッシュな内装です。最高の景色、アメニティサービス、インテリアはもちろんのこと、ワイキキビーチ、フォート・デルッシー公園、カラカウア通りにも近い立地の良さが魅力です。

豪華なエジプト大理石、オニキス、コアウッドを多用した内装は、伝統的でありながら、モダンなハワイアンフレーバーが程よく散りばめられています。広びろとしたベッドルームと、床から天井までワイドに広がる窓、大理石をふんだんに使用したバスルーム、最先端な機能を擁したフルキッチン等、素晴らしい作りになっています。

バスタブは、日本人好みの深めサイズになっています。ウォークインクローゼットには、乾燥機付き洗濯機が完備されています。また、快適に過ごすことができるように、アメリカのホテルでは珍しい24時間ルームサービスも利用することができます。

まだ始まったばかりの福利厚生制度ですが、利用料金は破格となっております!いつもいつもハワイに行くことはできませんがスタッフの皆さんがハワイに行く際に利用してもらえればという制度のご紹介でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PKFインターナショナル加入に関するお知らせ

当グループの「汐留パートナーズ株式会社」、「汐留パートナーズ税理士法人」、「汐留行政書士法人」の3法人は、このたび2018年6月1日に、世界第15位(International Accounting Bulletin World Servey – Feb 2017)にランクインする国際的な会計事務所連合のPKFインターナショナル(以下「PKF」といいます。)に加盟することとなりましたので、お知らせ致します。

1. 加入の背景

近年、海外企業による対日直接投資が増加しており、外国企業の日本進出件数が急増しております。この流れは、日本経済の活性化や国内雇用への対策という意味において、我が国においても重要な国家戦略の1つとなっております。従来から当グループは、外国企業の日本への投資と事業拡大をサポートしており、日本進出のコンサルティング業務をさらに拡大している最中でございます。

同時に我が国を取り巻く環境は激変しており、日本企業の海外進出もまた加速しています。プロフェッショナルファームには、国際的な視点に基づく会計税務・人事労務・法務サービスが求められるようになっております。このような環境の変化に対応して、当グループは、グローバル化・複雑化するお客様のニーズにお応えするための方策を検討しておりました。

日本の大手税理士法人の多くは、企業の海外進出に伴って、すでに海外の大手会計事務所と提携しています。国内マーケットの縮小により、クライアントの海外進出はさらに加速するため、世界的に有力な会計事務所グループとの連携は不可欠と考えておりました。

2. 加入の目的

当グループは、世界第15位にランクインする世界的なアカウンティングネットワークであるPKFに加盟することで、PKFを通じて日本進出を行う世界中のクライアントをサポートできることとなります。また、当グループが会計税務・人事労務・法務・その他コンサルティングサービスを提供している日本企業が海外展開を行う際に、同組織に加盟する各国の会計事務所と連携して対応することで、最先端の高度な情報に基づいた高品質かつ効率的なサポートが可能となります。各国の税制度などの情報も入手し、アドバイザリーサービスの質も高めていく所存です。

PKFは1969年にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアのメンバーファームをベースに発足し、各国の10位以内の会計事務所を中心に構成しており、現在では世界150ヶ国440箇所以上に活動拠点を構えています。日本におきましては、汐留パートナーズ(本社:東京)、ひびき監査法人(本社:大阪)がPKF に加入しております。ひびき監査法人は設立30年以上の伝統ある監査法人であり、付加価値の高いサービスを提供することによってクライアントと共に成長を続けています。当グループは監査業務を行わないため、ひびき監査法人と連携することで、国内外のクライアントへより広範なワンストップサービスを提供することが可能となります。

3.PKFの概要

(1)名称:PKF International
(2)設立年:1969年
(3)本部所在地:イギリス ロンドン
(4)創設事務所:
 Pannell Fitzpatrick & Co (UK)
 Harris, Kerr, Forster & Co (USA)
 Campbell, Sharp, Nash & Field (Canada)
 Wilson, Bishop, Bowes & Craig (Australia)
(5)主要サービス:
 Assurance(保証業務)
 Taxation(税務業務)
 Advisory(アドバイザリー業務)
 Business Solutions(経営コンサルティング業務)
 Corporate Finance(コーポレートファイナンス業務)
(6)拠点・リージョン:
 世界150カ国以上拠点440以上
 5つのエリア
 ・Asia Pacific
 ・Europe, Middle East and Indian sub-continent
 ・North America and Caribbean
 ・Latin America
 ・Africa
(7)URL:https://www.pkf.com/

この度のPKF加入により、今後より一層、国内外のクライアントへ常に企業価値最大化のベストプラクティスをご提案し、実現していく所存でございます。今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3月決算の申告業務も大詰めです。

ビジネスの話

3月決算の申告業務もいよいよ大詰めとなりました。まだいくつかの会社様の申告が終わっていないのですが何とか31日までにすべてを完了させたいと思います。

6~7月にかけて少し落ち着くはずなので、会計事務所メンバー一同、お客様にご迷惑をおかけしない範囲で代休・有給を頂戴しリフレッシュを図れればと思います。

今週1週間頑張って乗り切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5月生まれの友人誕生会

5月生まれの友人の誕生会で、昨日は久々に深酒してしまいました。主役にもたくさん飲んでいただきました。

お互いかつて見たことがない様な泥酔状態でしたが楽しんでくれた様子。たまには人に迷惑をかけない程度に、飲んで発散ってのもありでしょうか。改めてお誕生日おめでとう。

個人的には自分が祝われるというよりも、誰かをお祝いしたい年齢になってまいりました。しかしながら、そうはいっても、なんだかんだいくつになってもお祝いされて嫌な気持ちはしないのではないでしょうか。最近そんな気もしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IPO準備会社で株式譲渡をなるべく低い株価で行いたいケース

ビジネスの話

スタートアップ等、IPO準備会社において、「退職したメンバーから株式譲渡を行いたい(株式を買い取りたい)のですが、税法や会社法等に従って、なるべく低い株価て買い取る方法はありませんか?」というご質問を頂くことがよくあります。

理由は様々です。創業者間でトラブルになっているケースもあれば、最初の割合が合理的ではなかったというケースもあります。

すでにエンジェルラウンドやシリーズA・B等の資金調達を実行している場合、株式のバリューエーションはかなり高くなっております。株価算定方法としては、DCFやマルチプル法で計算をしているケースが多いと思われます。

さて、IPO準備会社の株価算定には複数の方法があります。

【インカム・アプローチ】
ディスカウンティド・キャッシュフロー法(DCF法) ⇒ファイナンス時によく使われる
・配当還元方式

【マーケット・アプローチ】
マルチプル法(PERやEBITDAなど) ⇒ファイナンス時にしばしば使われる
・配当還元方式
・類似業種比準方式

【コスト・アプローチ】
・簿価純資産法
時価純資産法 ⇒SOや株式譲渡時にしばしば使われる

細かく分けると色々な方法があります。

これらの中から、資金調達、資本政策、過去の株価の推移等に応じて最良の方法を選定して株価算定を行うこととなります。

資金調達において残余財産分配請求権付の優先株式を発行するケースは一般的です。この場合種類株式と普通株式が混在します。最近はほぼVC等は優先株式による第三者割当増資を引き受けます。

さて、一般的に考えて、普通株式の株価は種類株式のより株価よりも相対に低くなると考えられます。このポイントに着目して株価算定を行うことがあります。

ただし、税務上は普通株式と種類株式について明確に評価方法は規定されていません。なお以下の種類株式についてだけ、国税庁が「種類株式の評価について(情報)」により評価方法を示しています。

・配当優先無議決権株式
 ⇒普通株式の評価額から5%評価減
・社債類似株式
 ⇒社債に準じて評価(既経過利息の額に相当する配当金の加算しない)
・拒否権付株式
 ⇒普通株式と同じで拒否権を考慮せずに評価

実態に即して考えますと、普通株式と優先株式は残余財産分配請求権をはじめとした各種の優先条項により、優先株式の評価額が相対的に高く、普通株式の評価額が相対的に低くなることには一定の合理性があります。

追記:なお、「IPO準備会社の創業者株式を資産管理会社へ譲渡する場合の株価」についての記事も書いています。合わせてお読みいただければ幸いです。

汐留パートナーズグループの株価算定&IPO支援に興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京タワーと増上寺

IMG_20160620_140256

昔から東京タワーと増上寺の組み合わせが好きです。港区のきれいだなぁと思うスポットです。港区はかなり詳しいんです。

東京に来たばかりの頃は三田に住んでいたので夜によく散歩しながら東京タワーまで歩いてきたものでした。田舎者だからか、なぜか東京タワーを見ると頑張ろうという気持ちになれました。

最近の自分がビジネスを頑張るためのエネルギー源は、汐留パートナーズの皆の笑顔とか言葉ですね。また、お客様にすごく喜んでもらえた瞬間ですね。今日も1日頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る